このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

小型PCフォームファクターNUC活用術 ― 第1回

NUCってなに? インテルが巻き起こす新たな自作旋風に乗る

2013年01月28日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2012年11月のデビュー以来、自作PC界の話題を一気にさらった感のあるインテルの小型PCフォームファクターNUC(Next Unit of Computing)対応のマザーボードと採用ベアボーン。今回の特集ではそのNUCにスポットを当て、全3回にわたりあれこれと解説および検証をしていきたい。

まさに手のひらサイズのベアボーンと呼ぶのにふさわしいインテルの小型PCフォームファクターNUC

 第1回はNUCの基本から、対応マザーボードやベアボーン、さらに対応の周辺機器を紹介していこう。

約10cm×10cmの超小型規格“NUC”とは?

 すっかり秋葉原のパーツショップでは市民権を得た格好のNUC。「もう知ってるよ」という人から「え?久々に自作をしようと思ったら、なんだか見たことのないものが……」という人まで、まずはここで1度おさらいをしておこう。

インテルが提唱する101.6×101.6mmサイズのマザーボード独自フォームファクターとなるNUC。ご覧の通り17cm×17cmのMini-ITXマザーと比較しても小さいのがよく分かる

 Next Unit of Computing、略して「NUC」とは、インテルが提唱する101.6×101.6mmサイズのマザーボード独自フォームファクターだ。マザーボード規格としては小型フォームファクターの代表格であるMini-ITXがあるが、こちらは17cm×17cmというサイズ。一辺につき7cmも短いNUCがいかに小さいかがお分かりかと思う。

アキバショップ店員の多くはNUC=ナックと呼ぶスタッフが多い。「ナックが欲しいんですけど」、「ナックに搭載するSSDを探しているのですが」で十分通用する

 サイズが小さくなることで得られるメリットは大きく、インテルの言葉をそのまま借りるのなら「デジタルサイネージからポータブル機器にいたるまで、製品設計の可能性を広げる」ということになる。実際にベアボーンにはVESAに対応したマウンターが標準で同梱されている。液晶ディスプレイ背面のVESAマウンターに装着すれば、容易にディスプレイ一体型PCを自作できるというワケだ。

ベアボーンを購入すればVESAマウンタキットが同梱されている。簡単に液晶ディスプレイ一体型PCを自作することもでき、写真のようなマルチタッチ液晶とWindows 8を組み合わせれば最新PCのできあがりだ

 また、ひと昔前であれば小型イコール非力というイメージだったこの手のマザーボード。ところがNUCで採用されるCPUは、IvyBridgeベースのモバイル向けモデル「Core i3-3217U」(2コア/4スレッド/1.80GHz/L3キャッシュ3MB/TDP17W)で、組み合わされるチップセットはIntel QS77 Express。内蔵のビデオ機能としては実行ユニット16基の「Intel HD Graphics 4000」となり、一般用途のVGAとしては文句のないスペックを誇る。そのほか、メモリースロットはDDR3 SO-DIMM×2という構成で最大16GBまで搭載可能。また、拡張スロットにはPCI Express Mini Card×2が用意されている。

メモリースロットはDDR3 SO-DIMM×2、拡張スロットにはPCI Express Mini Card×2を備える。ちなみにCPUやチップセットは裏面側に実装する

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社