このページの本文へ

スマホにも繋がる1TBの無線LAN対応ドライブ登場!

2012年12月27日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1TBの大容量を搭載する無線LAN対応のポータブルHDD「Sky Share H10」(型番:SP010TBWHDH10A3K)がSilicon Powerから発売。東映無線ラジオデパート店にて販売が始まっている。

スマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でアクセスできるワイヤレスストレージに1TBの大容量モデル登場。2.5インチHDDを搭載する製品で、コンパクトかつ軽量で携帯性は抜群だ
IEEE 802.11b/g/nの無線LANのほか、USB3.0での有線接続にも対応する。本体には電源ボタンのほか、USB端子、充電用端子を備える

 無線LAN機能内蔵のポータブルHDDに1TBの大容量モデルが登場した。いわゆるワイヤレスストレージと呼ばれるデバイスの中では最大容量で、「Nexus 7」など外部ストレージが使用できない端末の強力な味方になってくれそうだ。

 無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/nに対応し、無線LAN経由でのデータ読み書き両方に使用できる。アンテナは送受信2本ずつ計4本を搭載、最大転送速度300Mbps、最大通信距離30mをサポートする。最大8台までのデバイスを同時に接続できるほか、ドライブに無線LANでアクセスしている状態でも、そのままネットワーク接続が可能だ。

 また、USB 3.0にも対応するため、PCやMacを使って大容量ファイルを高速にコピーすることができる。

データへのアクセスは専用アプリが使用できるほか、ブラウザー経由でも可能。セキュリティーなどもこちらから設定できる。

 無線LAN使用時のデータのアクセスには、iOSとAndroid両方に用意された専用アプリを使用するほか、ブラウザー経由でも接続可能。そのほか、ショップによれば「非公式ながら、ESファイルエクスプローラーなどのエクスプローラー系アプリでもドライブ内のデータにアクセスできた」とのこと。

無線LANでドライブへアクセスしたままでもインターネット接続を維持できる。また、専用アプリ以外にもエクスプローラー系アプリ経由でデータへアクセスすることも可能だ

 本体サイズは幅133×奥行き86×高さ23.5mmで、重量は255g。バッテリー容量は2600mAhで、最大5時間の連続使用が可能だ。対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5以降、iOS 4.2以降、Android 2.3以降。無線LANセキュリティーはWPA/WPA2をサポート。

 ファイルシステムはFAT32/NTFSに対応し、メディアフォーマットは動画がM4V/MP4/MOV、音楽はMP3/WMA、静止画はJPG/BMP/PNG/GIF、ドキュメントはDOC/XLS/PPT/PDFをサポートする。東映無線ラジオデパート店にて1万7800円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART