このページの本文へ

複数のiPhone/iPadとワイヤレス接続できるポータブルSSD

2011年10月28日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPad、iPad touchなどのiOS搭載デバイスとワイヤレス接続してデータ共有が可能な無線ポータブルストレージ「Wi-Drive」がTSUKUMO eX.にて販売中だ。

iPadやiPhoneなどを無線で接続できるポータブルストレージ「Wi-Drive」。パッケージはiPhoneを意識したサイズ。モバイルで使用できるようにバッテリーが内蔵されている

 Wi-Driveは、App Storeからダウンロード可能な「Wi-Drive」というアプリを利用することで、動画や音楽ファイルへのアクセスや複数のiOS搭載デバイスからのデータ共有を可能とするSSDストレージ。1台のWi-Driveに対して最大3ユーザーまでアクセスできるというユニークな特徴もある。

 似たようなコンセプトの製品も紹介しているが、今回の製品はiOS搭載デバイス同士の接続やストレージにフラッシュメモリーを採用するのがポイントである。

 なお、ラインナンップは容量32GB(WID/32GB)と、16GB(WID/16GB)の2モデル。データの出し入れはPCに接続して行ない、その際にはポータブルHDD代わりとしても利用可能だ。

 対応端末はiPad、iPhone 3G/3GS/4、iPod TouchにPC/Mac。OSはWindows 7/Vista(SP1/SP2)/XP(SP3)、Mac OS X 10.5.x、Linux 2.6.xに対応する。サポートするファイル形式はAAC、MP3、WAV、m4v、mp4、mov、Motion JPEG、jpg、bmp、tiff、pdf、doc、docx、ppt、pptx、txt、rtf、xlsなど。

 サイズは、幅121.5×奥行き9.8×高さ61.8mm。内蔵バッテリーによる連続稼働時間は最大で4時間となっている。価格は32GBモデルが1万4800円、16GBモデルが9800円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART