このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速くて便利! 実測でわかるモバイルデータ通信 ― 第26回

BIGLOBE LTEでしかゲットできない「Aterm MR01LN」を試す!

2012年09月27日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Aterm MR01LN」
NECアクセステクニカが初めて手がけたモバイルルーター「Aterm MR01LN」

 今回はちょっと珍しいモバイルルーターである「Aterm MR01LN」を紹介する。

側面のゴム蓋の中にSIMカードとmicroSDメモリーカードスロットがある

 Aterm MR01LNはNECアクセステクニカ製のモバイルルーター。なにが珍しいかというと、NTTドコモのLTE(Xi)をベースにしたMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービス「BIGLOBE LTE」向けに提供され、現在のところBIGLOBE LTEの加入者のみが手にすることができる端末、ということ。価格は3万4800円とされているが、BIGLOBEの通信サービス利用者向けに割引価格で購入できる制度が用意される。

 なお、Aterm MR01LNは現在のところBIGLOBE LTE以外に提供していないが、今後ドコモの回線を使ったMVNOへの提供が拡大する予定とのことだ。

スペックは普通のモバイルルーター

ネットワークの設定はAtermと同じメニュー。設定も豊富だ WAN側の回線の切り替えもできる
ネットワークの設定はAtermと同じメニュー。設定も豊富だWAN側の回線の切り替えもできる

 珍しいルーターと言ってもスペック的に突出した部分があるわけではない。通信速度は下り最大75Mbpsと、基本的にXiルーターと同じ。LTEのほかに3G(FOMA)にも対応し、その場合の通信速度は下り最大14Mbpsとなる。

公衆無線LANの設定画面 底面にはmicroUSB端子のほかにクレードル用の端子を装備
公衆無線LANの設定画面底面にはmicroUSB端子のほかにクレードル用の端子を装備

 無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応。クライアント側だけでなく、公衆無線LANサービスへの接続も可能だ。別売りのクレードルを用意することで、有線LANにも対応する。

バッテリーは外せないので、裏面に開閉部分はない バッテリーは外せないので、裏面に開閉部分はない

 連続通信時間はLTEで約6時間、3G(FOMA)で約8時間。3280mAhのリチウムポリマー充電池を内蔵する本体サイズは117×74×16mmで、重さは約150g。バッテリーは本体内蔵で取り外しはできない。最大接続台数は12台だ。

起動が速いのですぐ通信を開始できる

電源ボタンと設定ボタン
電源ボタンと設定ボタンは大きめで目立つように配置されている

 Aterm MR01LNを使い始めて気づくのが起動が高速ということ。電源をボタンを長押しして電源を投入してから30~40秒ほどで接続したノートPCから通信を開始でき。急ぎでネット回線を使いたい場合でも時間を無駄にすることなく通信できる。

 ウェブブラウズも快適にできる。LTEの通信速度の速さはもちろん、クリックしてデータが流れはじめるまでの反応も速いためにサクサク感は高い。

 無通信状態がしばらく続いた後の省電力機能は、デフォルトでスリープが設定される。デフォルトの設定では10分間、無通信が続けば通信が自動的にスリープ状態となり、動作を停止する。

 スリープ状態でも無線LANは生きており、ノートPCから無線LAN接続するとそのまま復帰し通信を開始する。スリープからの復帰に本体ボタンなどを押す必要はない。

 もっと電源を節約したい場合は、復帰が面倒になるがスリープよりも消費電力を抑えられる「スタンバイ」「電源OFF」を選ぶこともできる。

 また、「WPS」をはじめ自動設定にも対応しており、Windows 7搭載のノートPCや最新Androidスマートフォンであれば、本体の「SET」ボタンを長押しするだけで暗号キーの入力は不要。わずらわしい文字入力をしなくていいのは嬉しい。

USB給電機能も装備

USB給電が可能。ほかの機器の充電が可能で、写真ではモバイルルーターを充電中
USB給電が可能。ほかの機器の充電が可能で、写真では別のモバイルルーターを充電中

 Aterm MR01LNには注目したい機能がある。それは「USB給電機能」。Android端末などのUSB機器に給電できるのだ。

 給電するためには電源ボタンを長押しして「電源OFF」としなければならない上、付属の専用USBケーブルが必要となるが、ケーブルさえ持ち歩いていればAndroid端末の電池切れを救うことができるだろう。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART