このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」を活用せよ

データ重複排除対応、起動中のWindows 8を丸ごとバックアップ!

2013年03月06日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HDDやSSDはいつか壊れる。その時に、データを失わないようにバックアップして置くことが重要だ

 HDDやSSDといったストレージは、いつか壊れる。壊れてから中のデータを救い出すのはほとんど無理なので、大切なのは日々のバックアップだ。この程度のことはみんな分かっているのに、多くの人がバックアップをきちんと取っていない。しかも今や、ビジネスはもちろん、個人でもオリジナルの大切なデータが大量にあるはずなのだ。思い出のデジカメ写真やビデオ、スキャンした書類、お気に入りの楽曲などを失いたくないならバックアップは欠かせない。

 それでもバックアップしないのは、面倒くさいから。頻繁に行なう操作でないため、使い方がよく分からず、先延ばしにしてしまっている方もいるだろう。そこでお勧めしたいソフトが、ネットジャパンの「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」だ。高度な機能を備えるイメージバックアップソフトで、PCに詳しくない人でも手軽に操作できるインターフェースを備えている。

「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」(ネットジャパン)。パッケージの直販価格は8085円(1ライセンス)で、直販サイトによるダウンロード版は5985円(1ライセンス)。高機能でありつつもリーズナブルな点が特徴だ

手間をかけずに丸ごとバックアップ!

 「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」はイメージバックアップが可能で、ドライブやパーティションを丸ごと保存できるのが特徴だ。失いたくないファイルを個別にバックアップするのは手間がかかるし、保存場所を変更してバックアップを失敗してしまう可能性もある。起動ドライブごとイメージバックアップしておけば、Windowsに不具合が起きたときも、すぐに復旧できる。OSを再インストールしたり、リカバリーする場合は、アプリをインストールする手間がかかるが、イメージバックアップなら、それらも含めて元の環境(現在利用している環境)を丸ごと復元できる。もちろん、「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」はWindows 8に対応しており、最新PCでも難なく活躍してくれるので安心だ。

「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」は、Windows 8もサポートしており、最新のPC環境も手間なくバックアップできる。ソフトをインストールすれば、スタート画面にタイルが追加される
「PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro」の可動条件
OS Windows 8/7/Vista/XP(32/64bit、RTとStarterエディションは除く)
メモリー(RAM) 768MB(1GB以上を推奨)
対応ファイルシステム
(ホットイメージング)
NTFS、FAT32/32X/16/16X、exFAT、GPT
対応ファイルシステム
(コールドイメージング)
上記ファイルシステムに加えて、Linux Ext2/Ext3/Ext4、Linux Swap、Linux LVM
対応ストレージ
インターフェース
パラレル ATA、シリアルATA、SAS、SCSI/iSCSI、USB、FireWire(IEEE 1394)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART