このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プロカメラマンがサブ機に「EOS M」を選ぶワケ

2012年08月23日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

すでに他社のミラーレスを使っているけど、やっぱほしい!

 キヤノンから「EOS M」が発表され、ミラーレス一眼の市場競争が本格化しそうなこの秋。一方で、筆者はキヤノンのデジタル一眼レフをメインに使いながらも、すでに別のミラーレス一眼をサブ機として愛用している。

APS-Cサイズのセンサーを搭載する「EOS M」 APS-Cサイズのセンサーを搭載する「EOS M」

 そんな筆者に対して、ASCII.jpの編集者が「(キヤノンが)このタイミングでミラーレス機を投入したって、もう買わないですよね?」と問うてきた。実は……買いたいと思っているのである。その理由をEOS Mのベータ機に触りながら説明したいと思う(ベータ機なので実際の製品とは異なる可能性もある。あらかじめご了承願いたい)。

魅力その1 いざというときにEFレンズが使える

ダブルレンズキットに付属するEFレンズアダプター「EF-EOS M」(単体でも発売。直販価格は税別1万2000円)。EF-Sレンズも装着可能だ
一眼レフのEOSと同じレンズが使えるので広角から望遠まで、さまざまなシーンに対応可能だ
アダプターの下部には取り外し可能な三脚穴がある アダプターの下部には取り外し可能な三脚穴がある

 まず魅力的なのは、撮像素子にAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用している点だ。EOS Mは新しいレンズマウントを採用するが、マウントアダプターを使用することでEOS用のEFレンズやEF-Sレンズを装着できる。

 これは普段EOSを使っているユーザー(筆者を含め)にとってベストなミラーレスシステムと言える。

 例えば、イベント撮影時などはEOSとは別にミラーレス機を持ってスナップ撮影に利用しているが、EOS Mがあればスナップ撮影はもちろん、いざという時にはEFレンズを使用することが可能になる。

 EOS Mの基本スペックは同社のEOS Kissシリーズの最新機種「X6i」とほぼ同等。APS-Cサイズの約1800万画素CMOSセンサーを採用し、感度設定はISO 100から12800まで、拡張機能を有効にすることで最高ISO 25600相当まで設定できる。

応用撮影ゾーンモードでは「クリエイティブオート」やマニュアルモード、シーンモードを選択可能だ
クリエイティブオートでは感覚的に設定を変更して効果を得ることができる。特殊効果を得られるフィルター系の機能も備わっている
全自動の「インテリジェントオート」では、操作できる機能が少なくなるが、背景をぼかす効果は変更できる 全自動の「インテリジェントオート」では、操作できる機能が少なくなるが、背景をぼかす効果は変更できる
特殊効果の得られるフィルター系機能「クリエイティブフィルター」は撮影時はもちろん、撮影後の画像に後から処理を加えることも可能だ

 撮影モードは完全にカメラ任せのフルオートからマニュアルまでそろい、シリーズ共通の「表現セレクト機能」(雰囲気を選ぶことで最適な写真が撮れる)や「クリエイティブオート」(特殊フィルター機能)も備わっている。装着したレンズが対応していれば光学補正も可能で、周辺光量や色収差をデジタル処理することができる。

装着したレンズが対応していればデジタル処理で周辺光量や色収差の補正を行なえる。EF-Mレンズにももちろん対応し、従来のEFレンズもすべてではないが対応している

 AFは撮像素子面に埋め込まれた位相差AFセンサーを利用した位相差検出方式とコントラスト検出方式を併用している。このあたりはKiss X6iのライブビュー時と構成的に同じだ。

 なお、連写スピードは秒間4.3コマとKiss X6iの秒間5コマよりも若干落ちる。しかしながらシャッタータイムラグはミラー動作がない分速くなっている。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART