このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

倶楽部のAV特集第24回

この秋に買いたいデジカメ新機種の大本命!

キヤノン ミラーレス一眼「EOS M100」5万円台なのに誰でも簡単キレイに撮影可能

2017年10月20日 17時00分更新

文● 周防克弥 編集●ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 そろそろ紅葉の季節であり、デジタルカメラの買い替えなどを検討してもいいシーズンだ。

 この秋はミラーレス一眼カメラで新モデルがいくつか登場しているが、その中でおすすめなのが、キヤノンの「EOS M100」である。ボディーのみの実売価格は5万7000円前後と比較的買いやすい機種だ。「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」と「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」が付属するダブルズームキットでも10万を切る価格で購入できる。

キヤノンのミラーレス一眼ラインアップを振り返る

初代の「EOS M」
初代の「EOS M」

 キヤノンがミラーレス一眼をはじめて投入したのは2012年。「EOS M」という機種で、デジタル一眼レフを含めた同社レンズ交換式カメラの中でエントリーという位置づけだった。

 その後、2013年に「EOS M2」、2015年に「EOS M3」をリリース。そこまではあくまで全体のおけるエントリー機という位置づけだったが、EOS M3の下位モデルにあたる「EOS M10」を発表したあたりでラインアップの幅が生まれはじめる。

 そして、2016年、現在のミラーレス機最上位機種である「EOS M5」が登場。同社レンズ交換式カメラの中でもミドルクラスの位置づけで、ラインアップの幅が広がっている。

エントリー機ではあるが機能的にはミドルクラス

グリップはないが本体が軽いのでホールディング性は悪くない。好みによるが個人的にはフラットな形状のほうが好きなので、グリップが大きな「EOS M6」よりは好印象だ
グリップはないが本体が軽いのでホールディング性は悪くない。好みによるが個人的にはフラットな形状のほうが好きなので、グリップが大きな「EOS M6」よりは好印象だ
背面モニターは3型(約104万画素)。タッチ操作に対応している。インターフェースは簡略化され、Kiss系に近い。背面側のコマンドダイヤルは搭載されていない
背面モニターは3型(約104万画素)。タッチ操作に対応しているため、インターフェースは簡略化され、Kiss系に近い。背面側のコマンドダイヤルは搭載されていない
モニターは上に約180度回転することで自撮りがしやすくなっている
モニターは上に約180度回転することで自撮りがしやすくなっている

 今回紹介するEOS M100は、エントリーモデルのEOS M10の後継機となる。自撮りがしやすい回転式の背面モニターに個性的なフェイスジャケットが9種類も用意されるなど、ファッションアイテム感覚で使えるライト層向けのデジカメになっている。

 そう言うとスペックが低い感じに聞こえるが、まったくそうではないところが今回本機をピックアップした理由だ。

 撮像素子は約2420万画素で、高速なAFが特徴的な「デュアルピクセルCMOS AF」に対応。すでに発売されている上位モデルのEOS M5やEOS M6、また同じキヤノンのデジタル一眼レフのハイアマチュアモデル「EOS 80D」やエントリーモデルの「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」ともスペック的には同等のセンサーだと思われる。

 この中ではEOS 80Dが2016年3月発売なので、ちょっと古めなセンサーな印象はあるが、絵作りの基本になる画像処理エンジンがEOS 80Dでは「DIGIC 6」だったが、EOS M100では最新の「DIGIC 7」へと進化している。

 つまり、ミドルレンジモデルで採用されて実績のあるセンサーが最新の画像処理エンジンでよりブラッシュアップされ、画質だけでなく処理能力的にも上回っていると考えていい。

ホットシューがない代わりにストロボを内蔵。ガイドナンバーは約5
ホットシューがない代わりにストロボを内蔵。ガイドナンバーは約5
バッテリーはグリップ側に内蔵。下から入れ替え。Mシリーズの初代やM2と同じバッテリーで、M3、M5、M6とは違うので注意。フル充電からの撮影可能枚数は約295枚(CIPA試験基準)動画は約80分
バッテリーはグリップ側に内蔵。下から入れ替え。Mシリーズの初代やM2と同じバッテリーで、M3、M5、M6とは違うので注意。フル充電からの撮影可能枚数は約295枚(CIPA試験基準)動画は約80分

記事掲載当初、M100とM3が同じバッテリーとの記述がありましたが、誤りです。お詫びして訂正いたします(2017年10月23日)

記録メディアはSDメモリーカード(SDXC、UHS-I対応)。入れ替えが側面なのはうれしい。たいていの場合バッテリーと同じ場所なので、三脚などを装着していると入れ替えが面倒だが、側面なら簡単に入れ替えできる
記録メディアはSDメモリーカード(SDXC、UHS-I対応)。入れ替えが側面なのはうれしい。たいていの場合バッテリーと同じ場所なので、三脚などを装着していると入れ替えが面倒だが、側面なら簡単に入れ替えできる

 なお、スペック的に見ると、ミドルレンジとなるEOS 80DやEOS 9000Dは今なお現役機で評価も高い機種なので、EOS M100はミラーレス機のエントリーといえども、中身は一眼レフのミドルレンジ以上の実力を備えていると言っていい。

 特に、AFや撮影機能、通信機能などは従来機から大幅に向上しており、上位機種並みとなっている。次ページ以降(アスキー倶楽部会員向け)では、これらについて詳しく解説しつつ、画質などもチェックしていく。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!