このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

APS-Cセンサー採用! キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」

2012年07月23日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 キヤノンから、待望のミラーレス一眼「EOS M」が発表された。9月中旬発売予定で、ボディーのみの直販価格は6万9800円(税別)。

 EOS Mは同社のデジタル一眼カメラ「EOS Kiss」シリーズと同じ普及機の位置づけで投入されるレンズ交換式デジタルカメラ。先日発売された「EOS Kiss X6i」をミラーレス化したようなスペックとなっている。なお、EOS Mの“M”は「Mini」や「Mobility」の略とのこと。

撮像素子はEOS Kiss X6iと同じAPS-Cサイズ

EOS Mのボディーカラーはブラック、シルバー、レッド、ホワイトの4色 撮像素子はマイクロフォーサーズよりも大きいAPS-Cサイズ
EOS Mのボディーカラーはブラック、シルバー、レッド、ホワイトの4色 撮像素子はマイクロフォーサーズよりも大きいAPS-Cサイズ

 撮像素子にはEOS Kiss X6iと同じ、位相差AF用センサーを内包した「ハイブリッドCMOSセンサー」を採用し、センサーサイズはAPS-Cで解像度は1800万画素となる。

 位相差AFとコントラストAFをセンサーで実現するため、AFユニットと測光・調光センサーを外し、幅108.6×奥行き32.3×高さ66.5mmという小型ボディーを実現。さらに重量も約265gと軽量になっている。

本体左側にHDMI端子とマイク入力、USB兼AV出力端子がある 本体底面には電池室とメディアスロットを装備
本体左側にHDMI端子とマイク入力、USB兼AV出力端子がある本体底面には電池室とメディアスロットを装備

 画像処理エンジンもKiss X6iと同じ「DIGIC 5」を採用。感度はISO 100~12800、拡張設定でISO 25600まで設定できる。

 Kiss X6iと異なるのはAF動作で、EOS Mではピント固定の「ワンショットAF」と、被写体を追従する「サーボAF」のみ利用可能。被写体に合わせてワンショットAFからサーボAFに自動で切り替わる「AIフォーカスAF」は利用できない。

 また、連写速度もKiss X6iの秒間最大5コマから4.3コマ(サーボAF時は1.7コマ)とやや遅くなる。一方でレリーズタイムラグは約0.048秒でKiss X6iの約0.075秒より高速になっている。

 バッテリーは新開発のものを採用し、撮影可能枚数は230枚。動画撮影時間は約1時間30分となっている。

レンズマウントは新開発
アダプターを介して従来のEOSレンズも利用可能

「EF-M」マウント。フランジバックは18mm、マウント径は58mmとなる 「EF-M」マウント。フランジバックは18mm、マウント径は58mmとなる
マウントアダプター「EF-EOS M」 EF-EOS Mを装着すればキヤノンの“白レンズ”だって付けることが……
マウントアダプター「EF-EOS M」EF-EOS Mを装着すればキヤノンの“白レンズ”だって付けることが……

 レンズマウントは新開発の「EF-M」となり、このマウントに対応する新レンズも2本登場する(後述)。従来のキヤノンEFマウントレンズは直接装着することはできないが、マウントアダプター「EF-EOS M」(税別の直販価格は1万2000円)を用意しており、これを使うことでEOS MにEFマウントレンズを装着することができる(EF-MレンズとEFシネマレンズの装着は不可)。

 なお、マウントアダプターを装着した状態でEFレンズのAFを利用することも可能だ。

本体背面。液晶モニターはタッチパネルになっている。バリアングルタイプではない 撮影設定表示画面。従来のEOSでは(光学ファインダー使用時)この画面がデフォルトだったが、ファインダーがないEOS Mではライブビュー表示がデフォルトとなる
本体背面。液晶モニターはタッチパネルになっている。バリアングルタイプではない撮影設定表示画面。従来のEOSでは(光学ファインダー使用時)この画面がデフォルトだったが、ファインダーがないEOS Mではライブビュー表示がデフォルトとなる

 3型(104万画素)背面液晶モニターはタッチパネル式で、メニュー操作はもちろん、被写体に触れることでAFを追従させたり、画面タッチでシャッターを切る操作まで行なえる。なお、バリアングルタイプではなく固定式となっている。

本体上面。従来のEOSと同じアクセサリーシューがある。左側には動画撮影用のマイクを内蔵する 本体上面。従来のEOSと同じアクセサリーシューがある。左側には動画撮影用のマイクを内蔵する

 本体にフラッシュは内蔵していないが、本体上部にアクセサリーシューがあり、従来のEOSシリーズのストロボなどをそのまま装着できる。なお、EOS M専用設計ではないので、外付けのEVFなどは用意されていない。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART