このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

電アス・ゲーム部 ― 第20回

ちょっ! ハマりすぎ! 身近に◯◯万突っ込んだソシャゲ廃人がいた

2012年08月20日 18時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電撃ASCIIのコーナーで好き勝手に面白いゲームを語り尽くすこのコラム。ASCII.jpでは、ゲーマー向け周辺機器や最近流行りのPCゲーム&コンシューマーゲームを中心にお届けします。今回は、ASCII.jpで執筆している柳谷智宣さんが、iOS/Android用ソーシャルゲーム「ダークサマナー」についてアツく語ります。

著者近影 柳谷智宣

著者プロフィール

 1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)。

え? マジですか!
◯◯万円をソシャゲに突っ込んだ男

 普段、最新のデジタルガジェットの記事やPCの使いこなし技の連載「真似したくなるPC活用術」を執筆しているライター・柳谷智宣さんと打ち合わせしている時に、こんな話が出た。

実はとあるソーシャルゲームに◯◯万突っ込むくらいにハマってしまいました。

 面白すぎる……。普段は真面目なデジモノ記事を書いているのに。筆者もソーシャルゲームの課金プレイヤーだが、そこまでの金額は流石に突っ込んでいない(もちろん、1タイトルではなく、トータルでは突っ込んでいるが……)。聞けば、そのソーシャルゲームは「ダークサマナー」とのこと。最近記事にしたばかりでタイムリーなんで記事を書いて下さいと頼んだら、身バレしない範囲でならと了承いただいた。あ、それなら原稿料はパワーポーションで良いですか?

最初は片手間でプレイするだけだった

 今年3月に友人から面白いゲームがあるので是非招待されてくれと連絡があった。普段ゲームをまったくしない人なので何かと思ったら、iOS/Android用ソーシャルゲーム「ダークサマナー」とのこと。仕事柄ゲームアプリも一通りチェックしているので名前は知っていたし、招待を受けるのはたいした手間ではないので、早速デビュー。適当に名前をつけ、所属ギルドは最初に表示されている赤(ルーベル)にした。

ダークサマナーのメイン画面。インターフェースはこなれており、操作しやすい。Wi-Fi接続なら反応も良好ミッションを進めて魔宝を集めると魔人を召喚できる。フレンドを増やして総攻撃力を高めれば倒せるようになる

 ミッションを進めてレベルアップし、ほかのユーザーとバトルするのがメイン。ほかのゲームではガチャと呼ばれる召喚というシステムで強いモンスターをゲットして強くなっていくのだ。

 この手のゲームはさわりだけ楽しんですぐ次に行くのが常だったのだが、「ダークサマナー」にはちょっとプレイしてすぐにハマってしまうことに。何せモンスターがかっこいいのだ。韮沢 靖氏や雨宮慶太氏といった大物イラストレーターの手によるものなので当然といえば当然。後は、縦画面インターフェースというのも嬉しかった。隙間時間やほかのことをしながらプレイすることが多く、横画面で両手が必要なゲームより手軽なのだ。といった感じで、最初は課金システムがなかったので、時々ログインして育てていた。

編注:絵柄が重要というのはありますね。編集担当の場合は萌え重視ですが)

「虐殺を担いしもの」のイラストはシビれるカードにはイラストレーターのサインが付いている

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社