このページの本文へ

iPhone 5c激似スマホ、その名は「ioPhone 5色」!?

2013年12月14日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
これはまさしくiPhone 5c! ……でないことはロゴを見れば一目瞭然。イオシスの新たな“インスパイア系”スマホ「ioPhone 5色」が近く発売される
ズラリと並んでいるのは、交換用のカバーたち。5色に着せ替え可能で、そのせいで「ioPhone 5色」というらしい。悪ふざけもここまでくればいっそ痛快だ

 iPad風の「ioPad」シリーズやGALAXY S 4激似スマートフォン「IOXY S4つ」など、数々の“インスパイア系”端末を世に送り出してきたイオシスのオリジナル(?)モデル最新作がやってきた。

 ロゴ以外はiPhone 5cとまるで同じというこのスマートフォンの名前は、「ioPhone 5色」。その名の通り5色のカバーが同梱されており、着せ替えることでiPhone 5cのカラバリすべてを1台で堪能できるという、何やら楽しいスマートフォンだ。

こう見えても中身はAndroidスマートフォン。カバーを剥いてみれば2つのSIMスロットが出現する。デュアルSIMスマホというオリジナル要素も持っているのだ

 こんな風貌ながられっきとしたAndroidスマートフォンで、OSはAndroid 4.2を搭載している。ディスプレーは480×854ドットの4型液晶を採用。CPUはデュアルコアの「MTK6572」、メモリー512MB、ストレージ4GBと、スペック的にはローエンド向けと言ったところだ。

 両面にカメラを搭載し、ネットワークはBluetoothや無線LANをサポート。なお、カバー内部にSIMスロットを2つ備えるデュアルSIM対応(3G+GSM)スマートフォンでもある。

側面には電源・ボリュームボタンやマナーモードスイッチのほか、イヤホンジャックとmicroUSBを備えている。さすがにLightningではないようだ

 イオシスによれば12月20日(金)より発売を開始するとのこと。予価は1万5490円とお手頃で、ほどよく怪しげな端末を好む数寄者には見逃せない1台になりそうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART