このページの本文へ

天然木を溶かして作る堅牢&軽量なiPhoneケース

2012年04月12日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 木の繊維を溶かして鋳造したという、ユニークな素材「リキッドウッド」を採用するiPhoneケース「Liquid Wood」シリーズがSHOWCASEで販売されている。メーカーは韓国のpatchworks。

ドイツ発の新素材「リキッドウッド」を使用するiPhoneケース、その名も「Liquid Wood」シリーズが販売中

 Liquid Woodシリーズは、100%天然木材を使用しながらプラスチックのような外見をもつ不思議なiPhoneケース。ラインナップは、リキッドウッドのみで構成される「Liquid Wood - Kokos」と「Liquid Wood - Busche」、アクセントにウッドスキンを使用する「Liquid Wood - Busche Ebony」「Liquid Wood - Busche Teak」「Liquid Wood - Kokos Ebony」「Liquid Wood - Kokos Teak」の計6モデル。

 木の繊維を溶かして鋳造するというドイツ発の独特な手法で作り出され、同じモデルでも個体ごとに色目が異なるのが特徴。ショップによると、通常の木製ケースと比べて衝撃に強く、かつ軽量とのこと。コーティング材を含め100%リサイクル可能なため、エコでクリーンなケースともいえそうだ。

リキッドウッドのみで構成されるモデル。あめ色のキレイなコーティングと独特の模様がiPhone全体をカバーしてくれる
こちらはリキッドウッドをベースに、ウッドスキンを貼りつけたコンボモデル。ウッドスキンが高級感を演出してくれる

 対応機種はiPhone 4/4S。SHOWCASEにて、リキッドウッドモデルが2480円、ウッドスキンとのコンボモデルが3480円で販売中。店内で実際に装着して使用感を確認できるので、気になる人は店頭に足を運んでみよう。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART