このページの本文へ

【追悼】「スティーブ・ジョブズ」の軌跡 ― 第7回

「Thank You Steve.」アップルストアに献花

2011年10月06日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6日、渋谷、銀座のアップルストア店頭には、スティーヴ・ジョブズ氏の訃報を知った人々が多数詰めかけ、店先には献花の花束がならんだ(写真=アップルストア銀座)。

 アップルストア銀座には、30本以上の花束が置かれていた。花束のほかには、赤いリンゴや、「Thank You Steve.」と書かれたメッセージボード。ボードの中には、「Stay Hungry. Stay Foolish.」と書かれたカードも見られた。これは2005年、ジョブズ氏がスタンフォード大学で講演したスピーチからの引用。「ハングリーであれ、“お利口”になるな」。あまりにも有名すぎるこの名言に、強く心を動かされた人も多かっただろう。

 店頭には報道陣がつめかけ、iPhone 4Sの発売かと見まごうほどの混雑ぶりだった。報道陣の間では「株価が」「経営が」と生々しい言葉も飛び交っていたが、花束の前で静かに手をあわせる人の姿が大半だった。印象的だったのは、近くを通りかかった高校生が、事情を知らない様子で「なんだろう。auの話?」と話していたこと。彼の死を知らない人の間でも、彼のかかわったプロダクトは膾炙しつづけるのだろう。

 アップルストア渋谷には、やはり14~15本の花束が。NeXTのロゴと「Thank you」の文字を印刷した紙で巻いた白いバラ、わずかに齧られた赤いリンゴも転がっていた。ストアはいつものように人が入ってにぎやかだったが、やはりどこか静かな雰囲気だった。

アップルストア銀座
アップルストア銀座
アップルストア渋谷
アップルストア渋谷

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中