このページの本文へ

DeLOCK「91715」

SATA接続のCFastカード用ケースが発売 CFastってなに? 

2011年08月30日 22時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CFastカードをSerial ATA接続に変換する小型ケース「91715」がDeLOCKから発売となった。

「91715」
CFastカードをSerial ATA接続に変換する小型ケース「91715」がDeLOCKから発売

 この製品はCFastカードを2.5インチ形状の小型ケースに搭載、Serial ATA接続でSSDライクに使用するというもの。ちなみにCFastとは、CFA(CompactFlash Association)が策定した次世代メディア。基本的にIDEである従来のCFの転送速度(133MB/sec)をSATAにすることで、2倍以上の高速なデータ転送を実現するというものだ。
 価格は、パソコンハウス東映で2480円。なお、同店では近日中にCFastカードも取り扱い予定とのこと。

内部
内部にはCFastカードを搭載可能。Serial ATA接続でSSDライクに使用可能となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中