このページの本文へ

3.3型液晶搭載の待望のコンパクトハイエンド機

ドコモ「Xperia ray」は小さくてカワイイ でもスペック十分

2011年08月10日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グローバルモデルが6月に発表されていた3.3型液晶を搭載するコンパクトサイズのXperia新モデル「Xperia ray SO-03C」がドコモから8月27日に発売される。現在都内で発表会が開催中だが、まずは発表内容を速報的にお伝えしよう。

 Xperia rayの特徴はコンパクトでありながら、Xperia arcやXperia acroと同様にハイエンドクラスの性能を持つ点。3.3型液晶は480×854ドットの画面解像度を持ち、カメラもXperia arc/acroと共通の裏面照射型CMOSセンサーの「Exmor R for mobile」を搭載。バッテリ容量も1500mAhと共通だ。一方で本体サイズは小さく、約53×111×9.4mmで重量は100g。スマートフォン全体の中でも最軽量クラスに入る。

 そのコンパクトなボディは女性ユーザーをターゲットにしており、カラーについてもPink/White/Goldと、いずれもプレミアムなイメージとポップさを共存させたものだ。

 発表会の模様や製品の操作感などについては、ASCII.jpでも引き続き取材および掲載予定である。

  Xperia ray SO-03C Xperia acro
SO-02C(参考)
メーカー ソニー・エリクソン
ディスプレー 3.3型液晶 4.2型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 53×111×9.4mm 63×127×11.8mm
(最厚部12.3mm)
重量 100g 135g
OS Android 2.3
カメラ画素数 810万画素CMOS「Exmor R for mobile」
バッテリ容量 1500mAh
テザリング ×
Felica ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
spモード
連続待受時間 約400時間 約400時間
連続通話時間 約360分 約350分
カラバリ Pink、White、Gold Aqua、White、Black
発売時期 8月27日 発売中

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART