このページの本文へ

100gの小型ハイエンドモデル「Xperia ray」に大注目

ソニエリ、Xperia新モデル発表 小型ハイスペック機は日本でも!

2011年06月22日 21時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sony Ericssonは、シンガポールで現在開催中の「CommunicAsia 2011」に合わせて、Xperiaシリーズの新モデル2機種「Xperia ray」「Xperia active」を発表した。Xperia rayについては、2011年第3四半期に日本市場で発売することも、ニュースリリース内で公表されている。

日本でも登場するコンパクトハイスペック機
「Xperia ray」

 まずは、日本でも登場するXperia rayから詳しく見ていこう。ディスプレーは3.3型FWVGA液晶(480×854ドット)を搭載。画面解像度からもわかるように、コンパクトなサイズでありながらハイエンドクラスの性能を持つ。本体サイズは111.0×53.0×9.4mm、重量は100gと、このクラスのスマートフォンとしては最軽量級である。

 OSはAndroid 2.3で、カメラは810万画素の「Sony Exmor R for mobile」、バッテリ容量も1500mAhで、スペック面にも妥協がないことがわかる。カラバリについては、国内モデルで変更や追加がある可能性が高いが、「Black」「Gold」「White」「Pink」と4色もあり、グローバルモデルとしては比較的珍しく、キャッチーでカラフルなものだ。メインプロセッサーは1GHz動作とのこと。

これまでのXperiaシリーズのデザインを継承しつつ、コンパクトでそれでいて高級感が演出されている

濡れた指でも使える防水防塵対応の
アクティブユーザー向け「Xperia active」

 一方のXperia activeは、その製品名からも想起されるように、防水防塵性能を売りにしたアクティブユーザー向けのスマートフォンだ。日本でも防水対応スマートフォンは登場しているが、静電容量式タッチパネルでは対応が難しかった、濡れた指での操作も可能にしているとのこと。

 またスポーツを楽しむユーザー向けに、ANT+と呼ばれる心拍数測定のプロトコルにも対応しており、GPSや電子コンパスと組み合わせて、フィットネス系のアプリを端末上で活用できる。

 こちらもOSはAndroid 2.3で、ディスプレーは3型HVGA液晶(320×480ドット)、1GHz動作のプロセッサーを搭載する。カメラは500万画素でバッテリ容量は1200mAh。グローバルでの発売はこちらも2011年第3四半期である。日本での発売については、リリース内では特に触れられていない。

その名のとおり、アクティブなユーザーにアピールする「Xperia active」
シンプルな背面が逆にカッコイイ

  Xperia ray Xperia active Xperia arc
SO-01C(参考)
ディスプレー 3.3型液晶 3型液晶 4.2型液晶
画面解像度 480×854ドット 320×480ドット 480×854ドット
サイズ 53×111×9.4mm 55×92×16.5mm
63×125×10.9mm
(最厚部11.4mm)
重量 100g 110.8g 118g
OS Android 2.3 Android 2.3 Android 2.3
カメラ画素数 810万画素CMOS
「Exmor R for mobile」
500万画素 810万画素CMOS
「Exmor R for mobile」
バッテリ容量 1500mAh 1200mAh 1500mAh
防水 × ×

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART