このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

あなたの知らないWindows ― 第43回

GPUを利用できる仮想化ソフト XenClient 実践編

2011年01月06日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回では、クライアント向け仮想化ソフト「XenClient」の特徴とインストールまでを紹介した。今回はXenClient 1.0上に複数のOSをインストールして、動作を確認していく。

DVDからOSをインストール

 前回は、デルのノートパソコン「Latitude E4310」にXenClient 1.0をインストールした。引き続き今回は、XenClinet上にWindows 7 64bit版と、Windows XP 32bit版の2つのOSをインストールしてみよう。

 まず、「Create From Install Disc」もしくは、XenClient 1.0の管理画面の左上にある「Add VM」を選択して、仮想環境の作成を行なう。

「Create From Install Disc」を選択 「Create From Install Disc」(赤枠部)を選択して、OSのインストールディスクからインストール

 そして、インストールするOSを選択する。現時点では、対応OSとしてはWindows 7 32bit版/64bit版、Windows Vista 32bit版/64bit版、Windows XP 32bit版となっている。これらのOSであれば、XenClient 1.0専用のドライバーをインストールして、高い性能で動かすことが可能になる。

インストールできるOS XenClient 1.0では、Windows 7/Vista(32bit、64bit版)とWindows XP 32bit版がサポートされている

 上記のOS以外も、XenClient 1.0にインストールできないわけではない。しかし、専用ドライバーが用意されていないため、高い性能を出すことができなかったり、仮想環境上でUSBやGPUがサポートされなかったりする。サポートされていないOSをXenClient 1.0上で使うのは使い勝手が悪いため、あまりお勧めはできない。

 次に、作成する仮想環境が使用するメモリーと仮想CPU数を設定する。Windows 7/Vistaでは、最低1GBのメモリー容量を割り当てる。XPの最小メモリー容量は128MBだが、快適な動作に必要なのは最低でも512MB程度である。

仮想環境が使用するメモリー容量と仮想CPU数を設定する 仮想環境が使用するメモリー容量と仮想CPU数を設定する

 注意が必要なのは、仮想環境に割り当てるメモリーを少なくすると、ディスクスワップが頻発することだ。仮想環境上でスワップが頻発すると、性能が一気に落ちてしまう。そこで、仮想環境ではできるだけスワップを起こさないように、十分なメモリー容量を設定する必要がある。

 また、複数の仮想環境を同時に動かすような場合でも、複数OS分のメモリー割当量の合計を、パソコンに搭載されたメモリー容量以上にはすべきでない。XenClientを動かしているパソコンのメモリー以上の容量を割り当てると、これもまた仮想環境の性能を落とす。これらの理由により、XenClinetの動作環境は、4GB以上のメモリーを推奨としている。

 仮想CPUに関しては、最大4つまで設定できる。ここもメモリーと同様に、CPUが持つ物理コア数以上を仮想環境で割り当てない方がいい。

 続いて仮想環境が使用するHDD容量とネットワークを設定する。Windows XPの最小HDD容量は2.1GB、Windows 7では20GB(64bit版の場合)となっている。これはあくまでアプリケーションをインストールしない最小容量のため、できれば80GB程度にしておく方がいい。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン