このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Lenovo Ideaシリーズ大研究第18回

シンプルで使い勝手に優れた液晶一体型デスクトップPC

Lenovo C200 (2)──低価格でもパフォーマンスは十分

2010年12月14日 11時50分更新

文● 石井英男、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第2回となる今回は、実際の使用感についてレビューしていきたい。

Windows 7の動作も十分快適

 Lenovo C200は、OSとしてWindows 7 Home Premium 32bit版がプリインストールされており、標準でWindows 7の3Dデスクトップ(Aero)が有効になっている。Aeroは処理に高い性能が求められるが十分快適に動作する。

 Flash Player 10.1を導入して、YouTube動画を再生してみたが、1280×720ドットのHD動画もコマ落ちすることなくスムーズに再生できた。

 また、Office 2010をインストールして、Excel 2010やWord 2010で文書の作成や編集を行ってみたが、こちらも動作は快適であり、一般的な作業には不満のないパフォーマンスといえる。

スタンドにはチルト機能があり、液晶の角度を上下(実測値で-5度~24度)に調整できる

 液晶の表示品位も優秀であり、視野角も比較的広い。家族数人で、DVDなどの映像を観るにも十分だ。液晶のスタンドは、スイーベル(左右の回転)や上下の高さの変更はできないが、上下のチルト角が実測値で-5度~24度調整は可能だ。

キーピッチも広く、キータッチも良好なので、快適に入力ができる

 キーボードのタッチは、やや軽めだが、キートップがぐらぐらするようなこともなく、打鍵感は良好だ。長文のメールやレポートなどの入力も快適にできる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事