このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第119回

カシオG-SHOCK史上最大の「GXW-56」を衝動買い!

2010年10月07日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最近の「G-SHOCK」はいずれも大きいので、同じG-SHOCK内では「GXW-56」の存在はそれ程目立たない(右から2番目)

 ”凝縮テクノロジー”が極めて進歩した現代では、腕時計本体のサイズと精度にはほとんど何の相関関係もない。しかし、腕時計本体の大きさと総重量、タフさには多少の相関関係が残っている。今夏発売されたカシオのGXシリーズ「GXW-56」は、そんなことをわかりやすく理解させてくれるG-SHOCK腕時計の特徴的なモデルだ。

単体で見ると、それ程大きなサイズとは思えないごく普通のG-SHOCKの外観だ
背面はG-SHOCK共通の感じだが、ベルトと本体、本体裏のカバーなど、その多くのパーツをネジ留めし強度を確保している
大きな腕時計本体を安定して支えるには、ワイドなウレタンベルトが必要だもちろんダブルフックの留め具は、この手の腕時計では一般的だ

 GXW-56は、蛍光灯の光でも充電できる便利な”ソーラー充電システム”を採用し、国内2局/海外4局の時報電波を自動受信し、お天道様か人工の光があれば、世界中どこにいても常に最高の精度とコンディションを保てる流行の”ソーラー電波腕時計”だ。

 そして、「”史上最大”のG-SHOCK」といわれる所以は、デザインベースとなったベストセラー「DW-5000C」をモチーフに、その外観を包み込むような「2層ウレタンベゼル」と「蛇腹形状のインナープロテクター」を採用したことだ。

 さらに、衝撃を吸収するゲル状の素材を12時/3時/6時/9時側の4ヵ所に採用し、耐衝撃強度を補強している。簡単にいえば、基本の電子とメカ部分を柔らかいウレタン構造体で包み、それを再度、固いウレタン構造体で包み込む二重保護構造で防塵効果と、外圧や落下からの大きな力を吸収し和らげるショックアブソーバー機能を実現している。

落下や、どこかにぶつけた場合でも、ボタン周囲の盛り上がったプロテクターが保護してくれる
操作系のボタンはかなり固く、気合いを入れて指先の腹で押し込まないと動作しない。女性がこの手の腕時計を所有することはないと思うが、まずボタンを押す気にはならないだろう

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン