このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ペンタプリズムをなくして小型、軽量化! しかも……

透過ミラーで高速AFを実現! 「α55/33」登場

2010年08月24日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「α55」。本体サイズは幅124.4×奥行き84.7×高さ92mmで、「α550」よりも23%小型化している
「α55」。本体サイズは幅124.4×奥行き84.7×高さ92mmで、従来機の「α550」よりも23%小型化している

 ソニーから、一眼レフデジタルカメラ「α」の新機種が登場する。9月10日発売予定。

 今回発表されたのは有効約1620万画素センサーを搭載する「α55」(予想実売価格はボディのみで9万円前後)と、約1420万画素センサーを搭載する「α33」(同7万5000円前後)の2機種。いずれもAPS-Cサイズの「“Exmor” APS HD CMOSセンサー」を採用する。

「α33」。本体サイズはα55と同じだが、重量はα55が約441gなのに対してα33が約433gとなっている。ちなみにα550(約599g)よりもかなり軽くなっている 「α33」。本体サイズはα55と同じだが、重量はα55が約441gなのに対してα33が約433gとなっている。ちなみにα550(約599g)よりもかなり軽くなっている

 新機種の最大の特徴は、ミラーを透過型とし、本体上部にはペンタプリズムの代わりにAFセンサーを置く構造となっていること。これによりAFセンサーとイメージセンサー両方でレンズからの光を受光。ミラーのアップ/ダウンを行なうことなく撮影が行なえる。

マウント奥の透過型ミラー マウント奥の透過型ミラー

 この構造と位相差AFによりAF動作を高速化。α55はAFを追随させつつ秒間約10コマの連続撮影が可能となった(α33は秒間約7コマ)。また、動画撮影時でもAFセンサーが受光するため、フルタイムの位相差AFが利用可能。速く動く被写体に対してピントを合わせ続ける「クイックAF HDムービー」を利用できる。

 ちなみに新機種はAマウントを採用しており、従来のすべてのAマウントレンズでAFの使用が可能となっている。また、MF設定にすれば動画でも絞り優先モードでの撮影が行なえる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中