このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第163回

「NEX-5」の動画機能で夏の小猫を録る

2010年08月06日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
自転車のすぐ下で興味深そうにこちらを見てる子猫。耳がでかくて可愛い。このあと、猫じゃらしをもっていっちゃった(2010年8月 ソニー NEX-5)
自転車のすぐ下で興味深そうにこちらを見てる子猫。耳がでかくて可愛い。このあと、猫じゃらしをもっていっちゃった(2010年8月 ソニー NEX-5)

 天気もいいので夏のぐだーっとした猫でも撮ろうかと、猫を求めて自転車で20分ほど走って川原へやってきたわけだ。持ってきたのはソニーの「NEX-5」。小さくて軽いのでちょっとでかけるときのお気に入り。

 案の定、日陰でへちゃーっとつぶれて寝てる猫を発見。夏の昼間はこれが猫の基本。

 このあたり、猫はいっぱいいるのだが、こいつが一番人間に慣れてて近寄ろうが撫でようが逃げやしない。

期待を裏切らないへちゃーっぷりがすばらしい夏のお昼寝猫(2010年8月 ソニー NEX-5)期待を裏切らないへちゃーっぷりがすばらしい夏のお昼寝猫(2010年8月 ソニー NEX-5)

 見渡すと他にも猫がいる。よし、猫動画だ、ってんでいろいろ撮ってみた。動画を撮るといいながら三脚を持たずに出て来てしまったていたらくはご勘弁。

 いくら手ブレ補正が強力でも、小さなモノでいいから三脚は欲しいね。特にデジカメは「動画を撮るための形状」じゃないから、ちょっと操作するだけでブレちゃう。第一弾はこいつ。



 毛繕いしてるところをローアングルで撮影。一眼動画の威力を見よ! というくらい背景がきれいにぼけていて、いい感じだったのだが……一瞬で逃げられてしまいました。

 色がきれいなので動画には最適、と思って地面スレスレに構えて撮ってたら、気配を察知されてすぐどっかへ行っちゃった。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART