このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

第3回初音グラフィックス開催!

有明に初音ミクの痛車が集結!

2010年06月11日 20時42分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●痛車カメラマンK、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

宇宙や新幹線もいいけど
ミクはやっぱり痛車が似合う!

 以前、初音ミク痛車オンリーのイベントを紹介した(関連記事)。それから2年近くたち、痛車を取り巻く状況も徐々に変わりつつあるが、6月6日、再びミク痛車オンリーイベント「初音グラフィックス」が有明客船ターミナルで開催された。実は2回目を紹介しそびれていたので、これは3回目になる。1回目から比べると、当時は19台だった痛車も今回は30台以上、そして痛単車や痛チャリも加わりだいぶ賑やかになった(痛チャリは前回も参加していたが)。

 流行の移り変わりが激しい痛車界において、地道に活動しオーナーの数を増やしているボーカロイド痛車。ミクは相変わらず話題を振りまいているし、今後も痛車オーナーは増えていくことだろう。

 それでは、全国に散らばるボーカロイド痛車の中から、この日、有明に集まった精鋭たちを紹介しよう!

軽自動車からワンボックスまで、あまり広いとはいえないこの場所に、文字通り所狭しと集まった!

ホンダ ビート

三十路すぎのロリ、重音テト(かさねてと)。エイプリルフール用のネタとして登場した彼女だが、今ではこのように市民権を得ている(?)。でも助手席には違うキャラが(笑)

スバル サンバー

このオーナーさん、ホントは茂原などで元気に走っていたミクシビックが愛車。残念なことにもらい事故で現在入院中、そしてこのサンバーは代車とのこと。萌ミまでに直ることを祈っております!

スズキ ワゴンR

カラステは使わずに黒のカッティングのみでまとめている。どれもディフォルメキャラなので、子供にもウケが良さそうだ。フロントガラスにはボーカロイドが全員集合!

ダイハツ コペン

サーキット走行もしているミクコペン。こちらもカラステをほとんど使わずに、黒のカッティングのみ。ボディーカラーのホワイトと相まって、かなり引き締まった印象を受ける。ミクZ4のレプリカ(ラジコン)も良くできている

ダイハツ ムーヴ

フロントバンバーにつけられたカナードや車高の低さ、サイドのバイナルでかなりレーシーな印象を受けるムーヴ。ステッカーは小さいディフォルメキャラなので、遠目から見ると普通の走り屋仕様のクルマかと思ってしまう

スズキ アルト

通勤用で使っているクルマも、ついにここまで痛くしてしまったようで。会社の人の反応が気になります。ダッシュボードに置いてある下仁田ネギチップスはみんなで美味しくいただきました

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社