このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

走行会だけでなくコスプレやドレコンも開催!

痛さもアクセルも全開! 筑波サーキットが萌えた!

2010年03月01日 20時20分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●痛車カメラマンK、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今度は筑波サーキットを舞台に
痛車が走りまくった!

 クルマ業界における、オーディオカスタムの最大手「尾林ファクトリー」。ASCII.jpでも、痛車化されたデモカーを何台か紹介しているので、ご存じの方も多いだろう。そんな尾林ファクトリーの代表、尾林氏は実は大の走り好き。そんな尾林氏を刺激するかのごとく、痛車オーナーから走行会の要望があったので、ついに痛車走行会を企画・開催したのである。運営には痛車グラフィックスも協力し、その名も「痛Gふぇすた 走ってなんぼ2010?!」と銘打って開催された。

 2月21日の日曜日。筑波サーキットのコース1000に痛車が約150台ほど集合した。筑波サーキットといえば、日本のクルマ雑誌のベンチマークとして有名なサーキットだが、そちらは全長2kmのコース2000。今回は比較的初心者に優しい全長1kmのコース1000で開催された。

 ドライバーの腕のレベル(自己申告)でクラス分けをし、グリップコースとドリフトコースでほぼ1日、痛車たちが走り回った。しかし、ただの走行会で終わらないのが尾林ファクトリー。走行会に参加しない人たちのために、ドレスアップコンテストやコスプレコンテスト、そして同ショップならではの音圧コンテスト(オーディオの出力レベルを競う)を開催。さらにはケータリングサービスもあり、お腹を満たしつつ各種イベントに参加でき、参加者の満足度を高めていた。

 一番驚いたのが、スポーツ走行でクラッシュがまったくなかったこと。イエローフラッグは数回あったが、レッドフラッグがなく、誰も事故を起こすことなく走行会が終了したのだ。最近は痛車の走行会も多いので、参加者の理解も深まり、その結果今回のような無事故に繋がったのではなかろうか。安全が一番。クラッシュしてしまっては、文字通り痛くなってしまい、オーナーもキャラクターも涙目だ。今後のイベントも安全に終わることを願いたい。

 さて、好評のうちに終わった「痛Gふぇすた 走ってなんぼ2010?!」だが、実は第2回目の開催が決まっている。日程は5月16日(日)。場所は同じく、筑波サーキットのコース1000だ。また、残念ながらドリフトコースはないとのこと。詳細は尾林ファクトリーのイベントページを見ていただきたい(こちら)。

 それでは、当日の様子や疾走している痛車たち、そしてドレコンに参加した痛車たちを見ていこう!

なんと長島☆自演乙☆雄一郎選手や
GTドライバーの青木選手も登場!

走行会に参加する組の駐車場というかパドック。これから戦場に向かう痛車たちが爪を研いでいる……
ずらーっと並んだ痛車たち。なんと一般駐車場も満車になってしまったとか!
開会式の様子。主催者の尾林氏の話をみんな聞き入っているこれがコース1000のレイアウト。今は2000よりこっちのほうが熱いというプロドライバーもいるほど
開会式のあとはみんなで記念撮影! まだ朝なのにみんなテンション高い!最初に走るグループからドライバーズブリーフィングを受ける
1月にFSWで開催された7時間耐久レースにも出ていたフェリスレーシングが今回も2時間耐久にエントリー! しかもマシンはこのインプレッサ!コース1000はピット屋上からコースの全景を把握できるので、観客にとっても退屈しないのがいい
あれ、「いたしゃ」の集まりと聞いて、間違えて来ちゃったのかな!? ホンモノのイタ車、ランボルギーニ・ガイヤルドも登場!
こちらも「いたしゃ化」と言えばそうなんですが……マツダ・AZ-1かスズキ・キャラかわかりませんが、跳ね馬仕様にモディファイされていました。なかなかのセンス!
こちらは日音協。カスタムオーディオの音圧測定中。茨城痛車會のリーダーも翠星石のコスプレで音圧測定に参加! 残念ながらトップは取れなかったが、司会のカモさんへのインパクトは大きかったようだ
クルマ情報番組「CAR Xs」の収録も! GTドライバーの青木選手(中央)をはじめ、レース好きな人ならたまらない顔ぶれドレスアップコンテストにも様々な賞が用意されており、ミクとルカのコスプレイヤーがプレゼンターを務めていた。今回、初めて賞をもらったという人も!
コスプレといったら、この人は外せない! 格闘家の「長島☆自演乙☆雄一郎」選手が特別ゲストとして急遽参戦! 自演乙選手が来ることを筆者は知らされていなかったので、ずいぶん大きなクドだなあ、と思って顔を見たら自演乙選手でビックリ(笑)。直感で選んだ痛車に「自演乙賞」を手渡していた
閉会式の一コマ。サーキットイベントで、無事故・無傷で終えられるのも珍しい。次回もまた、みんなで安全に楽しくスポーツ走行しよう!

応援シートは3月9日〆!
3月21日鈴鹿はミクポルシェ応援団結成!


 痛車ファンの夢を乗せて走る「ミクZ4」から「ミクポルシェ」に車両変更をしたSUPER GT 2010シーズン。3月21日に伝統の鈴鹿サーキットでデビューを飾るミクポルシェを、ファンのみんなで応援すべく特設応援シートをご用意! (詳細はこちら



 みんなで応援して2010年のミクポルシェの出だしを加速させてあげよう! 申し込みは旅の発見へ!


(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社