このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 最終回

Windows 7を素早く操作できる新ショートカットキー

2010年01月26日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ショートカットキーを覚えれば、Windows 7を素早く操作できる。Windowsキーを使った組み合わせが多いためWindowsキーは必須で、こういう古いキーボードでは使えない場合も

 Windows 7ではウインドウの操作を中心に、新しいショートカットキーが追加された。従来からのショートカットキーも利用でき、その中の一部は動作が変わっている。マウスでは面倒な操作をワンタッチで行なえるショートカットキーを覚えておけば、快適に作業できる。こうした新しいショートカットキー、頻繁に行なう操作のショートカットキーをご紹介しよう。


Windows 7で追加されたショートカットキー

 Windows 7では、Windowsキーを使ったショートカットが多数追加された。多くはウインドウの操作に関するもので、従来のマウス操作から解放されるのがうれしい。

1 Windows+Home

 Aeroシェイクと同じ動作。アクティブウインドウ以外のすべてのウインドウを最小化する。再度Windows+Homeキーを押せば、元に戻る。作業中のウインドウに集中したいときや、アクティブウインドウにデスクトップ上のファイルをドラッグ&ドロップしたい時などに利用できる。


2 Windows+[↑]

 アクティブなウインドウを最大化する。文章を入力している時など、キーボードに手を置いている状態でウインドウを即全画面表示できる。

3 Windows+[↓]

 最大化しているウインドウを元の大きさに戻す。普通の大きさになっているときは、最小化してタスクバーに収納される。


4 Windows+Shift+[↑]

 ウインドウのサイズはそのままに、上下が画面いっぱいに表示される(赤枠内が変更されたウインドウ)。ウェブブラウザーで長いページを表示したいときなどに便利。

5 Windows+Shift+[↓]

 縦方向いっぱいに表示されているウインドウを元のサイズに戻す。


6 Windows+[←]

 Aeroスナップのように、画面の左半分のサイズにウインドウを表示する(赤枠内が移動したウインドウ)。押し続けると左/右/中央とウインドウが表示される位置が変わる。

7 Windows+[→]

 画面の右半分のサイズにウインドウを表示する。押し続けると、右/左/中央とウインドウが表示される位置が変わる。


8 Windows+Shift+[←]、Windows+Shift+[→]

 マルチディスプレーを利用しているときに、[←]ならウインドウを左隣の、[→]ならウインドウを右隣のディスプレーに表示する。押し続けるとさらに左(または右)に表示され、端まで行くと逆側に移動する。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART