このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 第16回

壁紙/解像度/ガジェット 細かく変更されたデスクトップ

2009年12月15日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
壁紙がスライドショーできるようになった 壁紙がスライドショーできるようになった。赤枠内がその設定

 Windows 7のデスクトップはタスクバー以外にも、いろいろと進化している。それぞれは細かい部分だが、その積み重ねがWindows 7の使いやすさや楽しさを支えているのだ。

 壁紙がスライドショーに対応したり、Windows Vistaで使いにくかった項目が改善されているのもうれしいところ。サイドバーはなくなったが、ガジェットは自由に配置できるようになった。


壁紙がスライドショーできるようになった

 Windows 7では、壁紙のスライドショー機能が追加された。これまでは設定した画像がずっと表示されていたので、フリーソフトなどを活用して壁紙を切り替えていた人も多かった。初期状態では、Windows 7標準の壁紙はスライドショーしないが、テーマの「Aeroテーマ」にある「アーキテクチャー」や「キャラクター」は、標準でスライドショーが設定されている。

コントロールパネルの「個人設定」で、テーマを選択できる。「Windows 7」以外の「Aeroテーマ」はスライドショー壁紙になっている

 スライドショーの切り替え間隔は、コントロールパネルの「個人設定」→「デスクトップの背景」で変更できる。「画像を変更する間隔」のプルダウンメニューから時間を選択すればいい。項目は10秒から1日までと多数用意されているが、単に数値で指定できてもよかったように思う。右クリックメニューから、手動で次の壁紙を表示することもできる。

切り替え時間を選択できる 「デスクトップの背景」で、切り替え時間を選択できる

 表示する画像は、ユーザー自身で選択できる。「デスクトップの背景」画面で、画像の上にマウスポインターを載せるとチェックボックスが表示される。ここでチェックした画像が、スライドショーに表示されるようになる。エクスプローラーでの選択とは違い、Ctrlキーを押さずに選択できるのが便利だ。すべて選択したり、選択を解除するなら「すべて選択」「すべてクリア」ボタンをクリックすればいい。また、画像をランダムに表示したいなら「シャッフル」にチェックを入れておく。

ランダム再生は「シャッフル」にチェック ランダム再生するなら「シャッフル」にチェックする

 画像の配置方法も選択できる。画像をデスクトップ全体に表示するなら、「ページ横幅に合わせる」もしくは「ページ縦幅に合わせる」を選択すればいい。「画面に合わせて伸縮」を選べば、デスクトップのサイズぴったりに表示できるが、アスペクト比が変わってしまうので画像が歪む。ほかに、従来からあった「並べて表示」「中央に表示」も選べる。

画像の配置方法を選択できる 画像の配置方法を選択できる
「マイピクチャ」の画像を表示できる 「画像の場所」から「画像ライブラリ」(赤枠内)を選べば、「マイピクチャ」の画像を表示できる。「参照」をクリックして特定のフォルダーに入っている画像を指定することも可能
「次のデスクトップの背景」をクリックすると、次の画像を表示できる デスクトップの右クリックメニューの「次のデスクトップの背景」をクリックすると、次の画像を表示できる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン