このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 第10回

リモートメディアストリーミングで外から家にアクセス

2009年11月03日 13時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
難しい設定なしで、外部から自宅のコンテンツを再生できる「リモートメディアストリーミング」

 音楽や写真、動画データはあっという間に膨大な量になってしまう。モバイルノートにすべてを入れて持ち歩くことは難しいが、そういう時に活用したいのが、Windows7の新機能「リモートメディアストリーミング」機能だ。


Windows Live IDをリンクさせて
ルーター越しにアクセス

 Windows Vistaでも、家庭内など同じネットワーク内のパソコンでは、メディアファイルを共有できた。しかし、外部から自宅へアクセスしようとすると、複雑な設定が必要だったり、動作速度が実用的でなかったりした。しかしWindows 7では、Windows Live IDを利用して、HTTPSプロトコルによって実用的なストリーミング配信を楽しめるようになった。

 リモートメディアストリーミングでは、サーバー側となる自宅のパソコンと、外部でクライアント側となるモバイルパソコンを、WindowsアカウントとオンラインIDプロバイダーのアカウントを使ってひも付ける。今のところ使えるIDには、Windows Live IDしか用意されていない。ひも付けには「Windows Live ID サインインアシスタント」を利用する。これは初期設定ではWindows 7に含まれていないので、マイクロソフトのサイトからダウンロードしよう。将来は、他のオンラインIDプロバイダーを利用できるかもしれない。

 Windows Media Player(以下WMP12)の「ストリーム」メニューから「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」を有効にすればサーバー側の準備は完了。続けて、クライアント側でも同様の操作をすると、「その他のライブラリ」にサーバー側のパソコンが表示され、ライブラリを利用できるようになる。

WMP12の「ストリーム」メニューから、「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」を選択初めて設定する場合は、コントロールパネル→「ユーザーアカウント」の「オンラインIDプロバイダーを追加」をクリック
「オンラインIDプロバイダーを追加」をクリックする32bit OSの場合は「Download for 32-bit」を64bit版の場合は「~64-bit」を選ぶ
ダウンロードしたファイルを実行し、Windows Live ID サインインアシスタントをインストールする「オンラインIDをリンクする」をクリックする
Windows Live IDのアカウント情報を入力し、「サインイン」をクリック「インターネット経由ホームメディアアクセス」の画面に戻ったら「ホームメディアへのインターネットアクセスを許可」をチェック

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン