このページの本文へ

こうして守れ!メールのセキュリティ第12回

ファイルタイプを識別し、ジャンルはもっと細かく

ファイル偽装を許さないクリアスウィフトの新アプライアンス

2009年11月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月24日、クリアスウィフトはWebセキュリティ製品「Clearswift Web Appliance 2.0」と電子メールセキュリティ製品「Clearswift Email Appliance 3.0」を発表した。

 親会社の英クリアスウィフトは1996年のMIMEsweeperの発売開始以来、Webやメールでやりとりされるコンテンツのフィルタリングを中心にした製品を展開している。おもに内部から外部への送信をチェックすることで、マルウェアや情報漏えいのチェックが可能となっている。

 Clearswift Web Appliance 2.0では、フィルタリング対象のURLカテゴリを一新し、76分野に拡張。より詳細なポリシーを設定できるほか、どのキーワードでブロックしたのかなどを容易に識別できるようになるという。また、キャッシュ機能の搭載により、パフォーマンスも向上している。参考価格は50ユーザーで92万6800円。

Clearswift Web Applicanceでどのキーワードで情報漏えいをブロックしたかを識別する管理画面Clearswift Web Applicanceでブロックされたことをユーザーに通知する画面

 Clearswift Email Appliance 3.0では、検知可能なファイルタイプを112種類から167種類に拡張。拡張子を偽装するマルウェアや、ファイル形式の変更による意図的な漏えいにも対応できる。送信元アドレスへの対応やアンチスパムのシグネチャ検知も強化された。参考価格は50ユーザーで68万6800円となっている。

Clearswift Email Appliance 3.0で167種類のファイルタイプを検知する

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ