このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この秋注目のデジカメを総ざらい! ― 第4回

お散歩に持って歩きたい!注目デジカメ4選

2009年09月19日 18時00分更新

文● 小林 伸 、撮影協力●クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

“散歩のお供”に最適なデジカメを探せ!

 散歩の最中に街中でスナップ写真を撮る読者も多いと思う。ましてや季節はそろそろ秋。紅葉や夕焼けの空など目の前にすれば、より綺麗に撮りたいと思うのは当然だ。ただし、デジタル一眼は散歩に持ち歩くには少し重くてかさばるように感じるかもしれない。となると、レンズ交換が可能な電子ビューファインダー/ライブビュー式のデジタルカメラ、もしくはハイグレードなコンパクトデジタルカメラに興味が沸くと思う。

 そこで今回は、パナソニックの「LUMIX GH1」(以下GH1)とオリンパス「PEN E-P1」(以下E-P1)というレンズ交換できる小型軽量のEVF(電子ビューファインダー)/LV(ライブビュー)式カメラと、コンパクトデジタルカメラの中では異色と思われるシグマ「DP2」、リコー「GR DIGITALIII」(以下GRDIII)を含めた計4機種を“お散歩に持ち歩く”というテーマで比較してみたい。


「ファッション・ムービー一眼」も登場

パナソニックの「GF1」。本体重量は約285g。「GH1」より100g軽い
パナソニックの「GF1」。本体サイズは幅119×奥行き36.3×高さ71mm、重量は約285g。「GH1」より100g軽い。パンケーキレンズキットで実売価格9万円前後

 さて、ここに来てパナソニックからも「E-P1」と似たコンセプトのレンズ交換式デジタルカメラが発表された。

「ファッション・ムービー一眼」と銘打たれた「LUMIX GF1」(以下GF1、関連記事)は、「GH1」同様、AVCHDLiteまたはMotionJPEGでの動画撮影が可能。「GH1」のAVCHDでは1920×1080のフルハイビジョン対応だったが、「GF1」では1280×720までのハイビジョン対応となっている。さらに音声マイクに関してもステレオ録音からモノラル録音に変更されている。コンセプトの似た「E-P1」では背面液晶以外に光学ビューファインダーが別売で用意されているが、「GF1」でもアクセサリーシューの下に電気接点を介して電子ビューファインダーを装着できる。

アクセサリーシュー下の電子ビューファインダー装着部

 また、パナソニックはマイクロフォーサーズ向けのレンズラインナップを豊富に用意していることもあり、マウントアダプターなしで望遠系のズームレンズまで使用できる。レンズキットに同梱される標準レンズとも言うべき「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」は開放値も明るく、パンケーキレンズということもあってボディからの張り出しも少ない。ぜひともカメラに付けっぱなしにして持ち歩きたい。背面の操作ボタンは「GH1」より若干少なく、玄人好みのする「E-P1」に対して「GF1」は初心者や女性がターゲットになっているのがわかる。

「E-P1」とほぼ同じ大きさだが、幅はわずかに短いパンケーキレンズのほか、望遠レンズとして「LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」が用意されている

 今回試用したのはβ機だったため、比較対象には選ばなかったが、コンデジの機動性とデジタル一眼の奥深さを併せ持った、お散歩カメラの有力候補といえよう。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART