このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ドトーの液晶モニターテスト2009 ― 第1回

フルHD液晶 今買うならどれがいい?【22インチ編】

2009年08月11日 18時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

格安モデルからハイエンドまで、
液晶を買うなら今がチャンス!

 今、液晶を買うならフルHD機(画面解像度1920×1080ドット、または1920×1200ドットのモデル)がベストだ。高解像度によるデスクトップの広さ、ブルーレイやデジタル放送の高画質をフルに楽しめるなどの使い勝手、性能面でのメリットはもちろん、もうひとつの大きな理由は低価格化にある。格安モデルなら2万円台から購入でき、1年前の同性能機とくらべて3割近く、1万円ほどもお得になっている。さらにデジイチなどに好適なハイエンドモデルにいたっては2万円近くも価格が下がり、決して高嶺の花ではなくなっている。つまり液晶を買うなら今がチャンスなのだ。

TNパネルを採用した格安モデルを豊富にラインナップする、LG電子のフルHDモデル「M237WS-PM」。同社はフルHD液晶の低価格化を牽引した立役者のひとりだIPSパネルを採用したHPのワークステーション向けハイエンドモデル「LP2475w」。1年前まではIPS液晶購入=10万円以上が必要だったが、本機は価格改定が行なわれ、現在ではなんと7万円台で購入できる

PCでフルHDを楽しむのに
最適な周辺機器

Blu-Rayドライブ

玄人志向「KRBD-CH20N/BK」
実売価格:1万5000円前後
製品情報:http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1231

フルHDのメリットがてきめんに体感できるブルーレイ視聴。映画などブルーレイタイトルの多くはフルHD(1920×1080ドット)の映像が収録されている。フルHDと非フルHD液晶の画質の差は歴然だ。ブルーレイドライブの価格も大きく下落し、読み込みのみ可能なモデルでは1万円台が中心となりつつある

デジタル放送チューナー

ピクセラ「PIX-DT090-PE0」
実売価格:2万円前後
製品情報:http://www.pixela.co.jp/products/tv_capture/pix_dt090_pe0/

フルHDの衛星デジタル放送の高画質を完全に引き出すなら、やはりフルHD液晶が必須。地デジは非フルHDだが、フルHD液晶で視聴したほうが高画質に感じる

 購入時に気になるのが、同じフルHDでありながら価格重視の低価格機と高性能機はなにが違うのかだ。もっとも大きなポイントとして液晶パネルがあげられる。液晶パネルの方式には大きく分けると「IPS」、「VA」、「TN」の3種類があり、IPSとVAは高級機に、TNは価格重視モデルに採用されている。
 TNパネルのメリットはなんといっても低価格。3万円でおつりがくるモデルが中心だ。ただ、TNパネルは斜めから見ると色味が大きく変化してしまうのが弱点。気になる人では、適正な視聴位置から見ていても画面の四隅の色味が変わって見えるほどだ。
 一方、IPSとVAパネルのメリットは斜めから見ても色味の変化が少ないこと。採用機種は多くの場合高価なのがネックだが、そのぶん色再現性にこだわるなど画質はピカイチ。デジイチやブルーレイ/デジタル放送視聴での画質にこだわるなら、ぜひチェックしておきたい。

液晶画面を上方約20度、斜め約45度から見た写真。左側はVAパネル、右側はTNパネル。もちろん適正な視聴位置から見た時の発色(画質)は異なるが、これほどの色味の変化は“画質の差”ではなく“パネルの差”によるもの

 この特集では5回に分けて価格帯や画面サイズ、機能ごとのオススメモデルをチェック。TN、VA、IPSの各パネル採用機の網羅はもちろん、2万円台のお手頃モデルからフルHDを超える超高解像度モデルまで、最新モデルを紹介する。初回は22インチモデルを紹介していこう。

画面が小さいことはマイナスではない!
22インチパネル採用機の魅力を探る

 22インチは画面サイズこそ上級機の24/26インチよりやや小さめだが、そのぶんコンパクトで、小さな机でも気軽に設置できるのがいい。音にこだわって、両サイドに本格スピーカーを設置してもスマートに収まる。さらに画面サイズが小さいぶん、大画面機よりも安価なのがうれしい。ただ、画面サイズが小さいぶん、視聴位置によってはPCの文字表示が小さくて見えにくく感じることもある。

22インチ液晶の画面サイズは縦約268ミリ×横約477ミリ。対する24インチは縦約293ミリ×横約521ミリと、22インチは24インチとくらべて約1割ほど画面サイズが小さい22インチモデルの横幅は、キーボードの横幅とほぼ同一。机においた時の収まりがいいのに注目。画面サイズが小さいからこそ設置時のスペースも小さくてすむ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中