このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

WWDC 2009 総力レポート ― 第13回

解体Snow Leopard(中編)

なぜMac OS Xの64bit移行はスムーズなのか?

2009年06月14日 17時30分更新

文● 千種菊里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前編に引き続き、次期Mac OS X「Snow Leopard」の細部に迫っていく。

Snow Leopard Snow LeopardをインストールしたMacBook Pro

進化のためには64bit化が必須

Snow Leopardについては、ソフトウエアエンジニアリング担当上級副社長、バートランド・サーレット氏が説明

 デベロッパーにとっては、Mac OS Xの64bitとマルチコアへのコミットも興味深い。

 Intel CPUへの移行期だった2年前から今に至るまで、CPUの動作クロックは標準2GHz、最大でも3GHz程度というのは変わっていない。2、3年もあればクロックが倍増していたかつての状況と異なり、今後、CPUの動作クロックが劇的に向上することはない。

CPU CPU
CPUでは、クロック(画像左)からコア(右)を増やすことにトレンドが移っている

 CPUに加えて、メモリーにも転機が訪れている。現在では、エントリーレベルのMacですら4GBを越えるメモリーを搭載可能になっており、ハイエンドのMac Proなら48GBまで拡張可能だ。にもかかわらず、32bitのアプリケーションでは、理論的な上限でも4GBまでのメモリーしか扱えず、実際にはもっと少ないメモリーしか同時に使えない。

 そこで重要になってくるのが、ハードウェアとソフトウェアの64bit対応だ。

 フル64bit化することで、より効率のいい演算命令が使用可能になり、最大16EB(エクサバイト、1GBの160億倍!!)のメモリーにアクセスできるようになる。64bit化は昨今のハードウェアを活かすために必要な進化なのだ。

メモリー メモリー
最大4GBというリミット(画像左)が、64bit対応で16EBまで拡張される(右)

なぜWindowsでは64bit移行が難しいか

 もちろん、この辺の事情はほかのOSでも同じだ。例えばSnow Leopardの発売から1ヵ月以上遅れて発売されることになるWindows 7でも、オープンソースのLinuxでも、64bit化はうたわれている。しかし、どちらも64bit版はほとんど普及していない。それは何故か?

 そう、ほとんどのケースで32bit版と64bit版を別製品として販売しているからだ。

Windows Vista Ultimateなどの例外を除いて、ほとんどのWindowsは32bit版/64bit版が別々に販売されている

 OSのカーネルが64bitになると、これまでのデバイスドライバが使えなくなる。デバイスドライバはOSにプラグインされるため、カーネルのビット数と同じビット数のバイナリを用意しなければならない。

 しかし、ほとんどの商用デバイスドライバは32bitのバイナリしか用意されていない。すると、ユーザーからすれば「制限はあるが使い勝手のいい32bit」か「制限は外されるが使い勝手の悪い64bit」から選択しなければならなくなる。

 一方、開発者の立場で見ても、32bit/64bitと分かれているのはなかなか扱いにくい。

 32bitと64bitで別製品として販売した場合、あるいは双方をひとつの製品に含めたときでも、「どちらか適切なビットのバイナリを購入/インストールしてください」と利用者に意識的な選択を求めなければならない。ギークなユーザーならともかく、普通のユーザーにとって自分のPCが64bit対応か32bitだけかを意識しなければならないというのは、非常に面倒だ。

 Windows XPでもVistaでも、64bit版は用意されていたがほとんど普及しなかったのはこうした理由からだ。あまりに進まない64bit化に業を煮やしたのか、Windows Serverでは今後64bit版しか出さないという強硬手段をもって64bit化を強制している。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中