このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

WWDC 2009 総力レポート ― 第5回

Snow Leopardも出没! WWDC 2009基調講演【前編】

2009年06月09日 15時20分更新

文● 宮本朱美、写真●伊藤有/週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
基調講演
基調講演を聴くために集まる開発者たち。行列の先頭の人は開発者ではなく熱烈なアップルファンで、前日の夕方5時から並んでいたという

 米サンフランシスコにて、アップルの世界開発者会議(WWDC)が現地時間の8日から約1週間にわたって開催されている。参加チケットが初めて完売した昨年同様、今年もチケットは早々に売り切れ。アップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏は休養中で不参加ながらも、毎年、重要な発表が行なわれる基調講演の会場周辺には、入場を待つ長い列ができあがっていた。

 その熱気に応えるかのように、基調講演は、新型iPhoneとそのOS、新しいMacBookシリーズと次期Mac OS X、さらにSafari 4といった、盛りだくさんの内容だった(関連記事)。現在、アップル自身が基調講演の様子をビデオで公開している(関連リンク)。本記事では3回にわたって、この内容を追っていこう。


まずはMacBookシリーズの新モデルが登場

 今年のWWDC基調講演は、「I'm a PC」コマーシャル特別編の上映から始まった。壇上に登場したのは、上席副社長のフィリップ・シラー氏。今年のWWDCには、52ヵ国からMacやiPhoneの開発者が集合しており、一昨年から昨年にかけてMac OS Xのアクティブユーザー数が2倍に増えて、今年にかけてはさらに増加して3倍になったことを報告した。

基調講演の始まり。何度もダメだしを出されて、しまいにはキレて泣きそうになるI'm a PC君のビデオを上映
ジョブズCEOの不在にも慣れたのか、そつなくキーノートを進めるシラー上級副社長
Mac OS Xアクアティブユーザー数の推移。2007年時点で2500万人だったユーザー数が、iPhone 3Gが発売された2008年中頃から急上昇している。2009年半ばで5000万人、今年末には7500万人に達するとアップルは予想している

 続いて、15インチの新MacBook Proを発表した。その特徴はまずバッテリーにある。バッテリー駆動時間が最大7時間と、従来モデルより2時間延びたことに加えて、1000回(通常の使用で約5年間)再充電可能な長寿命仕様になった。また、新たにSDカードスロットを備えており、デジカメで撮影した写真をアダプターなしですばやく取り込める。

 CPUは、Apple Storeなどでカスタマイズ注文(BTO)した最速モデルでIntel Core 2 Duoの3.06GHz。メインメモリーは従来は最大4GBまでだったが、新モデルでは8GBまで拡張できる。15インチ液晶搭載のMacBook Proの新ラインアップは、18万8900円(CPUが2.53GHz)、21万8800円(2.66GHz)、24万8800円(2.8GHz)の3種類で、今日から出荷を開始する。

15インチMacBook Proがリニューアル。CPUクロック周波数の向上や最大搭載メモリー容量を拡大し、バッテリー駆動時間も延長された
15インチ液晶MacBook Proのバッテリー駆動時間は、従来の5時間から7時間に! バッテリーを再充電可能な回数も、従来の300回から1000回にアップしている
新しい15インチMacBook Proには、SDカードスロットが付いた
15インチMacBook Proのモデル一覧

 続いて、13インチ液晶ディスプレーを備えた「MacBook」の新モデルを説明した。MacBookもSDカードスロットを搭載し、メモリーを最大8GBまでサポートすることを発表。一時期消えていたFireWire 800端子が復活し、名称が「MacBook Pro」に変更になった。価格は13万4800円(CPUが2.26GHz)と16万8800円(2.53GHz)で、こちらも本日から出荷を開始する。

 今回の発表により、MacBook Airを除くアルミ削り出しボディーのノート型Macは「MacBook Pro」シリーズと呼ばれることになる。「MacBook」は白いポリカーボネートボディーの1機種のみとなった。

 MacBook Airも値下げされて、16万8800円と19万8800円になった。スピーチでは、どの新機種も環境に害をなす素材を使っておらず、世界で最も環境に優しいノートPCであることが強調されていた。

従来は「MacBook」と呼ばれていた13インチ液晶搭載のアルミ一体型ボディーのモデルは、今回のモデルチェンジに伴い、名称が「MacBook Pro」に変更された。液晶下部にあるロゴのアップ
下位モデルは1199ドルから。13インチモデルにも、15インチモデル同様にSDカードスロットが搭載された
新しいノート型Macのモデル一覧。左からMacBook、13インチMacBook Pro、15インチMacBook Pro、17インチMacBook Pro、MacBook Air。エントリー用として残った白いポリカーボネート筐体のMacBook以外は、すべてアルミボディーを採用する
MacBook Airの価格を改訂。1499ドル(16万8800円)からとお手頃な価格に!

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中