このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あなたの知らないWindows ― 第2回

無料なのに多機能 Windows Liveフォトギャラリー

2009年04月18日 13時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows Live フォトギャラリー
Windows Live フォトギャラリー

 Windows Liveのアプリケーション群のひとつ「Windows Liveフォトギャラリー」(以下WLフォトギャラリー)は、Windows Vistaに付属する「Windowsフォトギャラリー」(関連記事)の後継ソフトだ。このソフトでは写真やビデオの管理、写真の修正のほかに、SNSとの連動といったネットサービスへの写真のアップロード機能を持つ。今回はこのWLフォトギャラリーを紹介していこう。

 WLフォトギャラリーは、“Windows Live”の名が冠されているため、Windows Liveサービスでしか利用できないと思われがちだ。しかし写真の管理や編集機能は、Windows Liveとは無関係に使える。それも無料でだ。

 ちなみにWindows7には、VistaでのWindowsフォトギャラリーに相当する画像管理ソフトは含まれないことになりそうだ。ユーザー自身が、Windows Liveソフトの統合インストーラー「Windows Liveおすすめパック」を使い、インストールしなくてはならない(パソコンメーカーによっては、プレインストールした状態で出荷するケースもあり得るだろう)。


顔認識機能で写真内の人物に名前タグ付け

独自のタグを入力できる デジカメ等から写真を取り込むときに、独自のタグを入力できる。あとからやるよりも、取り込み時に入力したほうが楽だ

 デジカメで撮影をしていると、大量に写真を撮り溜めてしまうことはよくある。こんな時に威力を発揮するのが、写真の管理機能(ギャラリー)だ。

 WLフォトギャラリーでは、写真ファイルについているタグ情報を基準に、写真を簡単に整理できる。ユーザー自身で自由にタグを追加できるので、自分の使いやすいようにタグを加えて整理できる。撮影したカメラや露出、絞り、ISOといったExif情報も、簡単に表示できる。

 WLフォトギャラリーで便利なのは、写っている人物の顔を認識する機能を持つことだ。これを使えば、写真に写っている複数の人物を、個別に自動認識してくれる。認識された人物には、名前タグを付けられる。

写真中から人の顔を認識して、人物タグを設定 人物タグが登録されると……
写真中から人の顔を認識して、人物タグを設定できる。画像ではWindows Liveの連絡先からデータを取り込み、タグに割り当てられる名前をリスト表示している人物タグが登録されると、写真の人物部分にマウスを重ねるだけで名前が表示される

 写真の人物に名前タグを設定しておけば、写真上にマウスをオーバーラップするだけで、画面に名前が表示される。名前タグはその場で入力するだけでなく、Windows Liveに登録されている連絡先情報を元に設定できる。

その人が写っている写真を表示できる 人物タグでカテゴライズすれば、その人が写っている写真を表示できる

 認識した顔を元に、ギャラリーに登録されている写真から同じ人物をピックアップするような機能はない(将来的には人物認識の搭載も検討されているようだ)。認識精度の問題もあるのだろうが、個別の写真にユーザーがタグ付けするのではなく、不完全でも自動でタグ付けしてくれるほうが便利だろう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン