このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新鋭護衛艦「ひゅうが」が一般公開!

2009年04月17日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 海上自衛隊の最新鋭のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)“ひゅうが”の一般公開が、4月11日に海上自衛隊横須賀地方総監部で開催された。その様子をフォトレポートでお届けしよう。

2009年3月に就役したばかりのヘリコプター搭載護衛艦(DDH)“ひゅうが”

 “ひゅうが”は、同時に3機まで離発着可能な全通甲板と、護衛艦としては初の1万トンを超える排水量など、これまでの護衛艦のイメージを大きく変える画期的な新造艦だ。ほかにも、自衛隊の護衛艦としては初めて女性が従事することになり、初代乗員として17名の女性自衛官が乗艦していることや、速射砲を搭載していないことなどが、今までの護衛艦にはない特徴となっている。

「ひゅうが」性能要目(海上自衛隊 報道用資料より抜粋)
基準排水量 1万3950トン
寸法 全長 197m、全幅 33m、高さ 48m、喫水 7m
機関 ガスタービン×4基(2軸)
馬力 10万馬力
速力 30ノット(55km/h)
乗員 340名
就役日 2009年3月18日
主要装備 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
VLS装置 1式(短SAM、アスロック兼用)
魚雷発射管 2基
FCS-3 1式
対水上レーダー 1基
水上艦用ソナーシステム 1式
EW装置 1式
情報処理装置 1式
航空 哨戒ヘリコプター 3機(掃海・輸送ヘリコプター 1機)
横須賀地方総監部の入口。一般公開の始まる30分以上前には、この入口の外まで見学希望者の列ができていた
朝10時の段階でも、横須賀地方総監部の中に入るのだけで45分以上待たなければならなかった
敷地内に入り埠頭の方へ進んでいき、角を曲がった瞬間、ひゅうがの巨大な姿が飛び込んできたひゅうが型の特徴の一つでもあるフラットな第一甲板の上に、多くの見学者の姿が確認できる
ひゅうがに向かう道すがら、その巨大な姿を撮影する人の姿があった。確かにここは、全景をファインダーに収めるには絶好のポイントだ
ひゅうがのスペックは、排水量は13950トン、全長197m、全幅33m、高さ48m、速力30ノット(55km/h)、乗員34 0名。その大きさに圧倒的される!これまでの護衛艦では、係留用ロープは第一甲板に固定されていたが、ひゅうがではフラットな甲板運用のため、写真のような形となっている
見学していて驚いたのが、艦内外のいたるところに設置されていたカメラの数々。このカメラは、艦橋や戦闘指揮所、航空管制室などからモニタされており、人の手の届かない場所を監視するのに役立っている
ようやくひゅうがの足元まで到着。さっそく艦内に突入しようと思ったが、さらに約45分待たなければ艦内に入れないらしい……。いったいなぜ?
艦内に入るためのタラップが1人ずつしか通れない広さのため、乗艦に時間がかかっていたのだ。なるほど、これでは長い待ち時間も頷ける今回、取材のためにひゅうがの内部を紹介してくださったのは、護衛艦の初代女性乗員となる永田二等海尉。彼女は搭載ヘリの整備を担当しているそうだ

いよいよ乗艦!(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社