このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道第1回

ネット対応のデジタルフォトフレーム「SPF-86V」

2009年04月10日 14時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
多機能デジタルフォトフレームを購入してしまった
以前から気になっていた多機能デジタルフォトフレームを、連載開始の勢いで購入してしまった

 私にとって、(激務の合間の)家電量販店フロア巡りは至福の時間である。物欲をそそる物品が並ぶフロアを歩くだけで、さまざまな妄想が去来する。そんな私が必ず立ち寄る場所が、AV(オーディオ&ヴィジュアルの方)系デジタルガジェット(コモノ)のフロアだ。

 愛用のAVアンプにこの機器をつないで、配線をこうしてああして、AVセレクターをかましてどうのこうの、などと考えていると時間があっという間に過ぎてしまう。

 と、いつもは妄想だけで終わるのだが、今回は日本サムスンのデジタルフォトフレーム「SPF-86V」を買ってしまったのである。


多機能デジタルフォトフレーム「SPF-86V」の魅力

日本サムスンの「SPF-86V」。バッテリー駆動ができるので家の中を持ち歩きながら画像を楽しめる
日本サムスンの「SPF-86V」(実売約3万円)。バッテリー駆動ができるので家の中を持ち歩きながら画像を楽しめる

 昨今、デジタルカメラ売り場における存在感を増しているデジタルフォトフレームだが、それらの製品の中でも機能テンコ盛りなのがこのSPF-86Vだ。

 8型(800×600ドット)の液晶ディスプレーでデジカメ画像はもちろん、音楽や動画を再生できる。

パソコンとUSBで接続すれば、サブディスプレーとして使える
パソコンとUSBで接続すれば、サブディスプレーとして使える。なお、事前にパソコンに付属ユーティリティーソフトを導入しておく必要がある

 パソコンとUSBで接続すればサブディスプレーとして使える上、さらには無線LAN(IEEE 802.11b/g)によるネットワーク接続も可能。バッテリーで約1時間稼働でき、持ち歩いて使うこともできる。

 つまり、デジタルフォトフレームではあるが、家中どこでもアレな写真やナニな動画が見られるんじゃね? 的な製品である。

本体左側には、USB 2.0×2とSDメモリーカード、メモリースティック対応のメモリースロットを装備する。右側にはヘッドフォン出力を搭載

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART