このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

物欲AVコモノ道第89回

iPad版「Garage Band」で気軽に音楽制作!

2011年03月28日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 気軽に音楽制作ができるアプリケーションとして、アップルが提供しているのが「Garage Band」である。残念ながらWindows版はないが、標準でプレインストールされているMacユーザーにはおなじみのアプリケーションとなっている。

 このGarage Bandの「iPad」用アプリがついに登場した(関連サイト)。これにより、Macを持っていないユーザーでも、iPadさえあればGarage Bandの魅力に触れられるようになったわけだ。

楽器が苦手なユーザーでも大丈夫

楽器からループ音源を探しているところ。ドラムにベース、ギター、シンセサイザー、各種打楽器など豊富に用意されている こちらはカテゴリからジャンルを選んでいる。ループ音源の数が少ないため仕方がない部分もあるが、もう少しバリエーションが欲しかったところ
楽器からループ音源を探しているところ。ドラムにベース、ギター、シンセサイザー、各種打楽器など豊富に用意されているこちらはカテゴリからジャンルを選んでいる。ループ音源の数が少ないため仕方がない部分もあるが、もう少しバリエーションが欲しかったところ

 このGarage Bandの楽しさは、何と言っても気軽に音楽を作れること。いわゆる「ループシーケンサ」としての機能があり、用意されているループ音源から好みのものを探しだし、適当に並べていくだけでそれっぽい音楽ができあがる。

 ループ音源はドラムやベース、ギター、管楽器に弦楽器、打楽器など、豊富な種類の楽器(270種類)が用意されている。さらに、カントリーやジャズ、オーケストラ、ロック/ブルースなどの音楽ジャンルで選ぶことも可能。ループ音源の数はそれほど多くないが、それでも十分に楽しめる。

ジャンルや楽器を選ぶと、該当するループ音源がリストアップされるので、視聴しながら好みのループ音源をトラックに配置する。なお、利用できるトラック数は8つまで トラックに配置したループ音源は、タップして表示されるメニューから、カットやコピー、トリム、あるいは分割などができる
ジャンルや楽器を選ぶと、該当するループ音源がリストアップされるので、視聴しながら好みのループ音源をトラックに配置する。なお、利用できるトラック数は8つまでトラックに配置したループ音源は、タップして表示されるメニューから、カットやコピー、トリム、あるいは分割などができる

 配置したループ音源は長さを変えることはもちろん、カットやコピー、ペーストといった編集をしたり、音源の一部分だけを切り出す「トリム」や、ループを複数に切り分けて使える「分割」といったコマンドも備える。これらを駆使すれば、あらかじめ用意されたループを好みの内容にカスタマイズできる。

もちろん演奏することもできる

音源を選ぶ画面。頭に「Smart」と付いている音源には、演奏をサポートしてくれる機能が用意されている 音源を選ぶ画面。頭に「Smart」と付いている音源には、演奏をサポートしてくれる機能が用意されている

 ループを並べるだけでは物足りないというユーザーのために、自分自身で音源を演奏するための機能も用意されている。むしろこちらの方がメインの機能と言ってもいいだろう。

 音源の種類として用意されているのは、「Keyboard」と「Drums」、「Smart Drums」、「Smart Bass」、「Smart Keyboard」、「Smart Guitar」など。ここで注目したいのは、頭に「Smart」の文字が付いている音源で、これらには演奏をサポートしてくれる仕組みが用意されているのだ。

「Smart Bass」の画面。ベースは「Liverpool」や「Muted」、「Picked」など、4種類の選択肢がある 「Smart Drums」では、右端にあるドラムキットの要素を画面中央にドラッグすれば、勝手にリズムを取って演奏してくれる。なお、ドラッグする位置により、音量の大小とパターンの複雑さが変わる
「Smart Bass」の画面。ベースは「Liverpool」や「Muted」、「Picked」など、4種類の選択肢がある「Smart Drums」では、右端にあるドラムキットの要素を画面中央にドラッグすれば、勝手にリズムを取って演奏してくれる。なお、ドラッグする位置により、音量の大小とパターンの複雑さが変わる
こちらは「Smart Piano」。鍵盤が弾けなくても、キーに合わせてコードを弾くことができる。また、低音部と高音部でコードを変えられる 「Smart Guitar」を選択したところ。ユーザーが選んだキーのコードが並んでおり、コード部分をタップすれば和音が、弦をタップすれば単音が鳴る
こちらは「Smart Piano」。鍵盤が弾けなくても、キーに合わせてコードを弾くことができる。また、低音部と高音部でコードを変えられる「Smart Guitar」を選択したところ。ユーザーが選んだキーのコードが並んでおり、コード部分をタップすれば和音が、弦をタップすれば単音が鳴る

 たとえばSmart Guitarの場合、適当なキーを選ぶと上部に「Em」「Am」「Dm」「G」「C」「F」などのコードが並ぶ。ここで、「C」と書かれたところをタップすれば、Cの和音が鳴り、簡単にコードが弾けるようになっているわけだ。

 さらに、その下の各弦をタップすることができて、この場合はCのコードを左手で押さえた状態のときの、タップした弦の音が鳴るようになっている。これを利用すればアルペジオ(和音を構成する音を1つずつ弾いていく奏法)も簡単に弾ける。

 さらに細かくて驚いたのが、弦の右端か左端を押さえながらコード、あるいは弦をタップすれば、ミュートした状態で音が鳴るというもの。コードや弦をタップした後でミュートすれば、きちんと音が消えていくというのも手が込んでいる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART