このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

【連載】売れるワケ

ソニーが起爆剤!デジタルフォトフレーム市場

2008年08月14日 09時00分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デジタルフォトフレーム売り場
約30種類の製品が並ぶデジタルフォトフレーム売り場。ビックカメラ広報によると、デジタルフォトフレームの売り上げはソニーが製品を投入した5月を境に、約1.8倍の伸びを記録している。売れ筋は2万円前後の商品で、ソニー以外ではサムスンやテクタイトが人気のようだ

 デジタルフォトフレーム市場が盛り上がりを見せている。調査会社のGfK Japanによると、2008年の市場規模は2007年の3倍を超える勢いで拡大しているそうだ。そんな市場を牽引するのが、5月に「S-Frameシリーズ」と「CP1」といった切り口の違うデジタルフォトフレームを投入した、ソニーだ。

過去の教訓を活用したソニー

 実はソニーは1999年に一度デジタルフォトフレーム市場に参入し、撤退している。今回の市場参入は正確に言えば、再参入なのだ。

 「当時のデジタルフォトフレームは価格が10万円と高く、さらにユーザーのデジカメ普及率も低かった。ケータイで写真を撮る習慣もないため、所有しているデジタル画像もいまと比べ物にならないくらい少なかった。タイミングが早すぎた」と、ソニーのデジタルイメージングマーケティング部 パーソナルイメージングMK課 統括課長 川野浩一氏は分析する。

 しかし、現在デジタルカメラ市場は広がりを見せ、自分の自慢の作品や家族の成長を記録として残した写真データが大量に眠っている。写真がたくさんありすぎて、整理できないユーザーも多いだろう。そんなときリビングやオフィスの机に置いてあるデジタルフォトフレームに何百枚もの写真が入れて、スライドショーで表示させておく。ふとした拍子に目に飛び込んでくる写真で、「あの時こんなことがあったな」と懐かしい思い出が蘇える。そんな使い方が受けているようだ。

左はS-Frameの「DPF-V900」。右はCP1
左はS-Frameの「DPF-V900」。右はCP1

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中