このページの本文へ

NVIDIA「GeForce 3D Vision」

飛び出す立体視システム「GeForce 3D Vision」が明日から販売

2009年04月03日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週末に行われたNVIDIA主催のイベント「NVIDIA GRAPHICS PLUS ~ Enjoy Spring ! ~」でも披露された立体視システム「GeForce 3D Vision」の販売が明日から始まる。

「GV701-3DVR」 パッケージ
3Dメガネ NVIDIAの立体視システム「GeForce 3D Vision」の販売が明日から早くもスタート。Samsung製22インチの120Hz表示対応高速液晶ディスプレイ「SyncMaster 2233RZ」とのセットで価格6万2500円となる

 「GeForce 3D Vision」は、アクティブ型のハイテク無線シャッターメガネ「GV701-3DVR」とSamsung製22インチの120Hz表示対応高速液晶ディスプレイ「SyncMaster 2233RZ」、半径20フィート内のアクティブ型シャッターメガネにデータを直接送信するUSB方式の高出力IRエミッターで構成される立体視システム。120Hz表示対応の高速液晶ディスプレイが必須となるが、300タイトル以上のゲームをそのまま立体視3Dへと自動変換できる手軽さが特徴だ。

3Dメガネ内側 高出力IRエミッター
ハイテク無線シャッターメガネ「GV701-3DVR」と半径20フィート内のアクティブ型シャッターメガネにデータを直接送信するUSB方式の高出力IRエミッター

 専用メガネ「GV701-3DVR」は、付属のUSBケーブルで充電することで40時間以上の連続プレイが可能。10分間の使わないと電源が自動オフになる機能も用意される。対応ビデオカードは「GeForce8/9/GTX200」シリーズで、OSはWindows Vista(32bit/64bit)のみサポート。
 明日から販売予定のアークとBLESS秋葉原本店では、3Dメガネ「GV701-3DVR」と、Samsung製22インチの120Hz表示対応高速液晶ディスプレイ「SyncMaster 2233RZ」とのセットで価格6万2500円。また、BLESS秋葉原本店では3Dメガネ「GV701-3DVR」単品を1万9800円で販売予定(受発注のみ)。近日中に店頭でのデモも予定しているとのことなので、興味のある人は一度体感してから購入を検討してみてはどうだろうか。

仕様 接続例
対応ビデオカードは「GeForce8/9/GTX200」シリーズで、OSはWindows Vista(32bit/64bit)のみサポート。接続は図のように非常に単純だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中