このページの本文へ

NVIDIA「NVIDIA 3D Vision」

有線式メガネ採用の廉価版「NVIDIA 3D Vision」が登場

2011年07月15日 23時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAの立体視システム「NVIDIA 3D Vision」に対応した、ワイヤードタイプの3Dメガネ「3D Vision WIRED GLASSES」(型番:GV701-3DWE/942-10864-0004-100)が発売された。

「3D Vision WIRED GLASSES」 「NVIDIA 3D Vision」に対応したメガネにワイヤードタイプとなる「3D Vision WIRED GLASSES」が発売に

 同製品は、ケーブル長3mのアクティブ型「NVIDIA 3D Vision」対応メガネ。従来はデータを送信する高出力IRエミッターをPCとUSBで接続し、メガネ本体に充電が必要だったが、ワイヤードタイプではもちろんこれらが不要。さらに販売価格が約1万1000円ほどと、ワイヤレスタイプ(約1万8000円)に比べてかなり安価なのも嬉しいところだ。
 価格はフェイス秋葉原本店で1万780円、アークで1万800円となっている。

有線 重さは50gでメガネ本体のほか、拭き取り用布、ポーチ、鼻あて×2、クイックスタートガイドが同梱されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中