このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

フォトレビュー

キヤノン初の動画対応デジタル一眼「EOS 5D Mark II」発表

2008年09月17日 20時58分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EOS 5D Mark II
EOS 5D Mark II

 3年の沈黙を破り、キヤノンの「EOS 5D」の後継機「EOS 5D Mark II」が発表された。発売は11月下旬を予定しており、価格はオープンプライス。ボディー単体での実売価格は30万円前後、「EF24-105L IS U」が付属したレンズキットが40万円前後になる見込み。

 EOS 5D Mark IIは有効画素数約2110万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。ISO感度は従来機から大幅に向上し、常用設定でISO100~6400、拡張設定でISO50、ISO12800、ISO25600に対応した。

 映像エンジンには画像処理速度が従来の1.3倍の「DIGIC 4」を採用しており、毎秒3.9コマの連続撮影ができる。UDMAに対応しており、CFカード使用時には約310枚の連続撮影が可能。

ISO感度 ISO感度は従来機に比べ大幅に進化した

 EOS 5D Mark IIの最大の特徴は、EOSシリーズ初のフルHDの動画撮影機能を搭載したことだろう。フルHD(1920×1080ピクセル・毎秒30フレーム)もしくは、標準(SD)画質(640×480ピクセル・毎秒30フレーム)でライブビューを見ながら撮影できる。

 キヤノンのイメージコミュニケーション事業本部長の真栄田雅也氏は「暗いシーンでも低ノイズで美しい画像を実現した。一眼レフカメラ独特の美しいボケ味やマクロレンズやフィッシュレンズなどレンズの特長をいかした撮影が楽しめる」と自信を見せる。

 なお、動画機能を搭載したデジタル一眼レフカメラとしては、ニコンが「D90」を8月下旬に発表している。

 ここからは本日の発表会で展示されていたEOS 5D Mark IIのフォトレポートをお届けする。

正面
レンズはレンズキットの「EF24-105L IS U」ファインダーは視野率98%を実現。液晶は92万ドットVGAの3.0型クリアビュー液晶
サイド
横から見たデザインは5Dとそれほど変わっていない。キヤノンによると「防滴防塵機能が向上している」とのこと
ボディはマグシウム合金製ボディ
ボディはマグシウム合金製ボディ。バッテリーは従来の1.3倍の容量を持つ「LP-E6」を採用
レンズを外してみた レンズを外してみた。ボディのみの重量は約810g。シャッターユニットは約15万回の作動耐久性能を持つ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART