このページの本文へ

暗号化ファイルもバックアップできるように

2008年08月01日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SP1未適用のVistaでは、EFSで暗号化しているフォルダー・ファイルはバックアップ・復元できない Vista SP1では暗号化ファイルもバックアップ・復元できる
SP1未適用のWindows Vistaでは、EFSで暗号化しているフォルダー・ファイルはバックアップできない。そのため、復元時にも暗号化されたファイルは復元されないVista SP1では、EFS暗号化されたフォルダーやファイル(名前が緑色のフォルダー)もバックアップと復元が可能

「ファイルのバックアップ」機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

「暗号化ファイルシステム」(EFS)機能はBusiness、Enterprise、Ultimateでお使いいただけます。

 Windows Vistaには「ファイルのバックアップ」と呼ぶユーザーファイルのバックアップ機能があった(関連記事)。しかし、SP1導入前のこの機能では、EFS機能で暗号化されたファイルをバックアップすることができなかった(一見バックアップできたように錯覚するが、実際にはされていない)。

 Windows Vista SP1の同機能では、EFSで暗号化したファイルもバックアップできるようになった。EFS暗号化の有効・無効にかかわらず、バックアップしたいファイルの種類が「ファイルのバックアップ」で指定されていれば、自動的に保存される。

バックアップと復元センター バックアップの際には、対象となるファイルの「種類」を選択する必要がある
ファイルのバックアップ機能は、コントロールパネルの「バックアップと復元センター」にある「ファイルのバックアップ」(赤枠部分)バックアップの際には、対象となるファイルの「種類」を選択する必要がある

 復元作業も通常のファイルと同じで、暗号化の有無を気にする必要はない。復元してもEFS暗号化は有効のままなので、ほかのアカウントのユーザーがアクセスすることはできない。

Vista SP1のヘルプはアップデートされていない ちなみに、Vista SP1のヘルプはアップデートされておらず、「EFSで暗号化されたファイルはバックアップできない」と書いてある

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART