このページの本文へ

WAM Photo実写速報 ― 第47回

絵作り機能充実のエントリー一眼 ペンタックス「K200D」

2008年05月12日 00時00分更新

文● 岡田清孝/カメラマン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エントリークラスを超えるボディに
充実の画像仕上げで絵作りを楽しめる


正面 背面
本体正面背面

 ペンタックス「K200D」(関連記事)は有効1020万画素のCCDやボディ内手ブレ補正機構を搭載。エントリークラスには珍しい防滴防塵機能も備える。ボディ内でのRAW現像に加え、JPEGでも撮影直後の画像なら色調などの画像仕上を変更できるのがユニーク。またCCDに付着したゴミを液晶画面に表示させ確認できるダストアラート機能も搭載。ライバル機と比べサイズや価格は不利だが、絵作りにこだわりたい人は楽しめる一台だ。



撮影サンプル


撮影サンプル 撮影時状況 ●使用レンズ「DA18-55mmF3.5-5.6AL II」●焦点距離 27.5mm相当 ●絞り優先オート(絞りF8・シャッタースピード1/250秒) ●ホワイトバランス オート ●ISO 100


解像度検証


ISO 12233 解像度チャート
ISO 12233 解像度チャート


感度露出検証


露出+0.3 露出+0.7 露出+1
露出+0.3露出+0.7露出+1
露出標準
露出標準
露出-0.3 露出-0.7 露出-1
露出-0.3露出-0.7露出-1


ホワイトバランス検証


WBオート WB蛍光灯 WBカスタム
WBオートWB蛍光灯WBカスタム


ISO感度検証


ISO 100 ISO 200
ISO 100ISO 200
ISO 400 ISO 800
ISO 400ISO 800
ISO 1600
ISO 1600

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART