このページの本文へ

ENERMAX「CAESAR KB005U-B」

こりゃ珍しいENERMAX製メッシュキーボード!

2008年04月11日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ENERMAXから高級感漂うアルミ&スチールメッシュ筺体のキーボード「CAESAR KB005U-B」が発売された。

「CAESAR KB005U-B」 拡大
高級感漂うアルミ&スチールメッシュ筺体のENERMAX製キーボード「CAESAR KB005U-B」

 この製品は、0.6mm厚のスチールメッシュを採用する日本語109タイプのキーボード。同社からはアルミフレーム筺体となる「AURORA」シリーズが発売されているが本製品では、本体のアルミフレーム筺体に加え、パームレストを含む周囲をスチールメッシュで覆った点が特徴となっている。ENERMAXによればスチールメッシュをキーボードの素材として使用した製品は世界で初めてとのこと。
 キーにはシザーズ構造(Scissors structure)という新パンタグラフキーを採用(キーピッチ19.05mm/キーストローク2.7±0.4mm)することで1000万回の高耐久を実現。また、本体右側にフリップ3Dキー/ガジェットキー/メディアセンターキーなど5個、左側にボリューム調節や再生などのメディアホットキー5個を搭載し、側面には音声入出力ミニジャック端子や2ポートのUSBハブ機能も備える。
 その他、人体工学に基づいたという0度に近いウルトラフラット設計に加え、3段階の高さ調整ができるラバー付チルトアップスタンドを底面に装備。サイズは201(W)×521(D)×28(H)mmで、重量が1450g、PCとの接続はUSB2.0、ケーブル長が180cmなどとなっている。価格はクレバリー2号店で1万2573円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万2800円となっている。

メディアホットキー 裏面
左側にボリューム調節や再生などのメディアホットキー5個を搭載。重さ1450gと重量感がある
上部側面 側面
音声入出力ミニジャック端子や2ポートのUSBハブ機能も備える

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中