このページの本文へ

Art.Lebedev Studio「Optimus Maximus」

全てのキーが有機EL! 25万円キーボード!

2008年04月02日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 かつて有機ELディスプレイを搭載した3ボタンのショートカットキー「Optimus mini three」が発売されたのを覚えているだろうか。今度はそのキーボードタイプの製品「Optimus Maximus」が登場した。

「Optimus Maximus」 拡大
ロシアのデザイン会社Art.Lebedev Studio製の有機ELキーボード「Optimus Maximus」。価格は25万円

 「Optimus Maximus」はロシアのデザイン会社Art.Lebedev Studioの製品。「Optimus mini three」発売時から、キーボード版である「Optimus Maximus」が予定されていたのだが、約1年半を経てようやく発売にこぎつけたようだ。
 キーに搭載された有機ELディスプレイの主なスペックは、解像度が48×48ドット、表示色数が65536色、フレームレートが10fps、視野角が左右160度。製品には交換用のキーが2個付属する。

有機ELディスプレイ キー キー裏
キーに搭載された有機ELディスプレイのおもなスペックは、解像度が48×48ドット、表示色数が65536色、フレームレートが10fps、視野角が左右160度。交換用のキーが2個付属する

使い方は基本的に「Optimus mini three」と同じ。付属のアプリケーションソフトを使用することで、ショートカットを割り当てることやユーザーの環境に合わせてカスタマイズが可能となる。
 PCとはUSB接続で、別途ACアダプタによる電源供給が必要。2ポートのUSBハブと設定情報を記録しておくためのSDメモリーカードスロットも搭載されている。サイズは537(W)×173(D)×38(H)m。カラーリングはホワイトとブラックの2モデル。

特徴 アプリケーションソフト 上部
付属のアプリケーションソフトを使用することで、ショートカットを割り当てることやユーザーの環境に合わせてカスタマイズが可能。PCとはUSB接続で、別途ACアダプタによる電源供給が必要。2ポートのUSBハブと設定情報を記録しておくためのSDメモリーカードスロットも搭載されている
キー
有機ELディスプレイには自分の好きな文字が映像が表示可能だ

 「Optimus mini three」発売当時、「3つのキーで1万6780円ということを考えると、キーボードはいったいいくらになることやら……」とこぼした編集部スタッフだったが、哀しいかな予想は的中。今日から実機を展示し予約を受け付けているクレバリー2号店では、価格24万9800円とキーボードとしては非常に高価な製品となってしまっている。
 なお、同店によると「4月3日より受注開始。予約後のキャンセルは不可。受注数の合計がホワイトとブラック合わせて6台になった時点で注文するので、一定期間内に受注数合計が6台に満たなかった場合はキャンセルとなる。保証は1年で、初期不良も全て修理対応」とのこと。
 興味のあるユーザーは多いだろうが、いかんせん値段が……という人がほとんどだろう。そんな25万円キーボードもクレバリー2号店へ行けばとりあえず拝むことが可能だ。

英語表示 カタカナ表示
写真左が英語表示→写真右がカタカナ表示。ソフトの切り替えにより一瞬で切り替えることができる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中