このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Macworld 2008 リポート Vol. 6

あらためて、ジョブズの基調講演を振り返る

2008年01月20日 02時32分更新

文● 宮本朱美、写真●林幸一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1月15日、米国サンフランシスコのモスコーニセンターにて、米アップル社のスティーブ・ジョブズCEOによるMacworld Expo 2008の基調講演が行われた。例年抜群の盛り上がりを見せるジョブズCEOのプレゼンテーションの内容を、子細においかけてみよう。

Keynote Report

基調講演開幕! 好調なLeopardのセールス

スティーブ・ジョブズCEOによる基調講演の開始は、米国時間の15日午前9時。講演が始まる2時間前の7時には、基調講演を取材する報道関係者が会場の入口に列をなした。今年はiPhoneが発表された昨年以上に、メディアの注目が集まっているようだ。一般来場者の場合は会場に収容制限があるため、入場は先着順。午前3時には先頭集団が形成されはじめていたという。

keynote
Leopardは、発売から3カ月で500万本の売り上げを記録

予定開始時間から約20分遅れで始まった基調講演は、「Mac OS X 10.5 Leopard」の売れ行きの発表から始まった。ジョブズCEOは、11月の発売以来3カ月で500万本のLeopardを出荷したと報告。これは「今まででもっとも成功したMac OS Xである」と述べた。Leopardの好セールスの結果、現在MacにインストールされているOSは、Leopardが19%、Tiger以前が81%になるとのことだ。

keynote
待望されていた「Microsoft Office 2008 for Mac」がついに出荷開始

続いて、エキスポの開催に合わせて出荷される「Microsoft Office 2008 for Mac」を紹介。これにより、すべての主要ソフトがIntel Macでネイティブ動作することになるという。蛇足かもしれないが、「Adobe Creative Suite 3」シリーズはすでにユニバーサルバイナリーとなっており、先日コンシューマー向けの画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 6」も発表されたばかり(参考記事)。リップサービスではなく、「Adobe Photoshop Elements 6」が発売されるこの春には、本当の意味で「主要ソフトの完全インテル移行」が完了するだろう。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中