このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Macworld 2008 リポート Vol. 3

MacBook Airに触ってみた! SF発ファーストインプレッション

2008年01月16日 21時19分更新

文● 宮本朱美、写真●林幸一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

既報の通り、特に日本国内のユーザーから要望の強かった本当の意味で「持ち運べるMac」が登場した。Macworldの話題をさらったMacBook Air。アップルブースでさっそく触ったMacBook Airの使用感や印象をお届けしよう。


天井からつるされたMacBook Airは、まるで「白い恋人」?

MacBook Air
パネルの前につるされるMacBook Air。アップルのスタッフによると、これは実機ではなくモックアップモデルだそうだが、来場者が触ろうとすると即座に係員に止められていた

基調講演後、ようやく黒幕が取り払われたアップルのブースには、「Thinnovation」(「thin=薄い」と「innovation=革新」を合体させた造語)と書かれた巨大なパネルが現れた。パネルの前には、薄さと軽さを強調するように、天井からワイヤーでつるされたMacBook Airが展示されている。

空中につるされ、モビール状にゆらゆらと動くMacBook Airを見て「何かに似ているなぁ」と思っていたら、ハッと気がついた。微妙な曲線のシルエットに、薄い2枚のプレートをピタッと張り合わせたこの形、北海道みやげのサブレ菓子「白い恋人」に似ている!! 昨年何かと世間を騒がせた「白い恋人」も心機一転再スタートを切ったところ。MacBook Airとの相乗効果──は、期待できないか……。


意外とバランスのいい安定したデザイン

さて、実際に動作する実物を展示している場所に移動すると、予想以上にたくさんのMacBook Airが置いてあり、それほど並ばずにすぐ触ることができた。iPhoneが発表された昨年のMacworldとは対照的だ。昨年はガラスの筒内に展示されたiPhoneの前にコワモテの警備員が付き、実機に触るどころか撮影に長引くと追い払われるほどピリピリした雰囲気だった。今回のMacBook Airの展示パートは比較的ゆったりしており、長時間触らせてもらえた。

MacBook Air
液晶パネルは、MacBookと比べて特に変わった印象はない。解像度も1280×800ドットで、MacBook 13インチと同じだ

MacBook Airの表面素材は、梨地加工を施したアルミニウム製で、MacBook Proに似た質感だ。表面が少しザラザラしているため、滑り止めの効果もあるだろう。持ってみると本当に軽く、女性でも片手でラクラク支えられる

フタはマグネットでピタッと密着する仕組みで、下側になる部分には開けやすいように切り欠けがある。ただし、フタを完全に閉じた状態だと、どちら側から開くのかわかりにくいようで、迷っている人がチラホラ……。また開けるときには、やや力を加える必要があった。

MacBook Air
MacBookと比較すると、MacBook Airの薄さは一目瞭然。最薄部はわずか4mm。最も厚い部分でも19mmに過ぎない

MacBook Airを開いたときに安定感があるのは意外だった。キーボード部が通常のノートパソコンよりかなり薄いので、「開くと液晶の重みにひっぱられて不安定なのではないか」という心配を抱いていたが、杞憂に過ぎなかったようだ。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中