このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

【恒例の新春特別企画】

領収書は通るかな? アキバで売っていた福袋を買ってみた! '08(家電・パーツ編)

2008年01月02日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元日にもかかわらず仕事をしているアキバ担当の編集部員2人。これはもう、特別手当でも貰わなければやっていられない。ということで、今年も秋葉原で発売される福袋を会社の経費でドカ買いすることにした。せっかくなので今年は両手で持ち帰れる範囲内の量を、なるべく多くのショップで買えるだけ買うというルールにした。なので本年度の編集予算などは考慮せず、欲しいと思った福袋を(会社をクビにならない程度に)バンバン購入している。編集長には申し訳ないが、日頃頑張っている編集部員へのお年賀だと思って諦めてほしい。

福袋
これが今年入手した福袋の数々。大量の福袋を抱えた我々は、秋葉原で某TV局の取材を受けるほど目立ってしまった

ヨドバシカメラマルチメディアAkiba

 毎年行列ができるヨドバシカメラのお年玉箱。今年のお年玉箱は16種類となっており、ラインナップは「ノートパソコンの夢」(5万円)、「ミニノートパソコンの夢」(5万円)、「ビデオカメラ+デジカメセットの夢」(5万円)、「ハイビジョンレコーダーの夢」(3万円)、「コンパクトデジカメ+ミニプリンターの夢」(3万円)、「コンパクトデジカメの夢」(2万5000円)、「ゲームの夢」(2万円)、「ワンセグ対応デジタルオーディオの夢」(1万円)、「バラエティ家電の夢」(1万円)、「小・中学生向け電子辞書の夢」(1万円)、「レディース腕時計の夢」(1万円)、「メンズ腕時計の夢」(1万円)、「おもちゃの夢」(3000円)、「デジタルオーディオプレイヤーの夢」(3000円)となっていた。

午前6時
午前6時ごろのヨドバシカメラ前。すでに約300人が並んでいる
行列
開店1時間前の8時頃の様子。行列は遥か彼方にまで延びていた

 人気が集中したのは「ノートパソコンの夢」、「ミニ・ノートパソコンの夢」、「デジタルハイビジョンレコーダーの夢」、「ワンセグ対応デジタルオーディオの夢」。編集部では「ゲームの夢」、「ワンセグ対応デジタルオーディオの夢」、「バラエティ家電の夢」を入手できたので、以下に中身を紹介していこう。

「ワンセグ対応デジタルオーディオの夢」

ワンセグ対応デジタルオーディオの夢
ワンセグ対応のデジタルオーディオは、それほど多くの機種が発売されているわけではな。いったいどの機種が入っているのか?
ワンセグ対応デジタルオーディオの夢
箱から出てきたのは東芝の「gigabeat」と、オーディオテクニカ製のヘッドホン
gigabeat V401 ヘッドホン
40GBのHDDを内蔵したデジタルオーディオプレイヤー「gigabeat V401」同梱されていたのはオーディオテクニカ製のカナル型ヘッドホン「ATH-CK52」

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社