このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

メガ祭りの始まりじゃー!

メガマックと変わんない? それがどうした! 「メガたまご」と「メガトマト」が登場!

2007年12月12日 06時55分更新

文● アスキー・ジャンク部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メガたまご
メガたまご

 マクドナルドのメガシリーズ第3弾は「メガたまご」と「メガトマト」。12日に期間限定で発売される予定だったが、実は数日前から一部店舗で販売されていたという。

 「なんたる不覚! 今年最後の『メガ祭り』に乗り遅れるとは!!」

 ギリギリと歯ぎしりをしつつ、さっそく近所のマックに走った!



あえて言わせていただこう


メガトマト1 メガたまご1
まずは外箱のチェックから。左がメガトマト、右がメガたまご。価格は地域によって異なり、メガトマトが370~400円、メガたまごは360~390円

 今回のメガバーガーは、ビッグマックのように箱入り。「この中にメガ様が……」と、期待を込めて箱を開ける。

メガトマト2 メガたまご2
で、いよいよご開陳。左がメガトマト、右がメガたまごだ

 うーん、ちょっと見た目のインパクトは弱いような。メガマックがパティ―4枚だったのに対し、メガたまごとメガトマトは、パティー3枚に卵もしくはトマトの組み合わせ。まあ多くの人が思うであろうことを、あえて言わせてもらおう。

 「肉を減らさないでいただきたい!」

 メガバーガーファンとしては、メガバーガーに順当な進化を望むのは至極当然だ。もちろん、「順当な進化」=「肉の増量」にほかならない。増やせないにしても、せめてメガマックと同様にパティーは4枚、その上で、卵なりトマトなりを追加してもらかったのだ。

 ……まあいい。もしかしたら、パティーの代わりに何かとっておきの秘密が隠されているのかもしれない。ネジの1本までバラすつもりで、中身を徹底的に調べてやろう!

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART