このページの本文へ

インターネットの明日を話し合う場――Internet Week 2007が開幕

2007年11月19日 17時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットに関する技術の研究・開発、サービスや運用などの成果や問題点を共有するイベント「Internet Week 2007」が19日、東京・秋葉原の秋葉原コンベンションホールで開幕した。主催は(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)。22日までの4日間にわたり、インターネット関連の議論や情報共有が行なわれる。

Internet Week 2007会場の様子Internet Week 2007会場の様子

 Internet Weekは主として技術者に向けた非商用イベントで、ネットワークをつなげていく過程で必要となるさまざまな情報の共有や調整のための“場”として、すでに10年以上の歴史を持つ。

 開催初日に当たる本日は、「PKI Today!」や「DNS Day」などのカンファレンスに加えて、新しい試みとしてランチ付き無料セミナーなども併せて開催される。例えば、(株)日本レジストリサービス(JPRS)が主催する「ランチのおともにDNS」では、無料セミナーとはいえ、民田雅人氏らによるDNSの解説などが行なわれるなど、非常に有用なものとなっている。

 まだプログラムによっては若干の枠が残っているそうなので、いまからでも参加を検討してみてはいかがだろうか。


カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART