このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

備えあれば憂いなし! 実行前に手順をチェック!!

Leopardインストール詳解マニュアル

2007年10月30日 23時15分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CONTENTS:

 Mac OS X 10.5 Leopardを手に入れたら、すぐにでも自分のMacへインストールしたいところ(Apple Storeで見る)。とはいえ、実行前にその流れを把握しておけば、インストールの途中で選択肢に迷ったり、間違ったオプションを選んでしまう心配もなくなるはずだ。インストールしたいというはやる気持ちを少し抑えて、まずは本特集を眺めてみよう。

1. 対応機種の確認


Mac OS X 10.5 Leopardは、'05年3月にリリースされたMac OS X 10.4 Tigerから数えて約2年半ぶりのメジャーバージョンアップとなるOSだ。今後のマシンの買い替えなども視野に入れて、自分のマシンがLeopardに対応しているのかをしっかりと確認しておこう。ファームウェアのアップデートの有無も事前に確認しておきたい。



Mac OS X 10.5 Leopard

Mac OS X Leopard ●シングルユーザー版 価格:1万4800円
 1台のマシンのみにインストールできるシングルライセンス版。2台目のマシンにインストールする場合は、1台目のマシンの使用を停止(Leopardをアンインストール)する必要がある。

●ファミリーパック版 価格:2万2800円
 家庭内の5台までのMacにインストールできるマルチライセンス版。家族内の使用に限られ、企業や教育機関でのインストールは許されていない。

Leopardのインストール方法

項目名 OS Xをアップグレード アーカイブしてからインストール アーカイブしてからインストール(ユーザとネットワークの設定をそのまま残す) 消去してからインストール
処理内容 データの移動や消去を行わずに、システム関連のファイルを上書きする。Mac OS X 10.3以上がインストールされていれば実行可能 旧システムおよび「ホーム」を「Previous Systems」という名前のフォルダーに保存するが、アプリケーションはそのまま引き継いで、新規にシステムを組み込む 旧システムを「Previous Systems」に移動。新規にシステムを組み込み、ユーザーアカウントの情報やネットワークの設定、「ホーム」および「アプリケーション」を引き継ぐ ハードディスク上の全データを消去して、システムを新規に組み込む。パーティション分割されている場合は、そのパーティション上のみ消去、インストールを実行する
メリット 書類や設定、インストール済みのソフトがすべて残るので、移行の手間なしにすぐに使える 過去のシステムは取り除かれ、Leopard関連のシステムファイルが新しく組み込まれるので、トラブルの心配が少ない 新規にシステムを組み込んだうえで、アカウント情報とネットワークの設定、「ホーム」や「アプリケーション」を引き継ぐので、移行の手間が少なくて済む システムやソフトの不具合以外に、ハードディスクの断片化やボリューム情報の不整合も解消し、最もクリーンな状態でLeopardを使える
デメリット インストール済みのソフトやドライバーなどがLeopardに対応していない場合、システムに不具合が発生する恐れがある アカウントやネットワーク関連の再設定、「ホーム」の引き継ぎなどを手動で行わなければならず面倒 インストール済みのソフトがLeopardに対応していない場合、不具合を起こす可能性がある。初期化しないので、ボリューム情報の不整合や断片化までは解消できない システム関連の再設定、アカウントの再登録、ソフトの再インストール、「ホーム」の引き継ぎなどを手動で行う必要がある。内蔵ハードディスクの中身を消すので、外付けハードディスクが必須

ファームウェアの更新

Software Update 一部の機種では最新のファームウェアを適用しておかないと、Leopardをインストールできない、もしくはインストール後に不具合が発生する。アップルのサポートページで自分のマシン用のファームウェアの最新版がないかチェックしておこう

対応機種一覧

Mac Pro

Mac Pro
すべてのMac Pro

Power Mac

Power Mac G5Power Mac G4Power Mac G4
すべてのPower Mac G5 Power Mac G4(Mirrored Drive Doors/同2003/FireWire 800867MHz以上のPower Mac G4(QuickSilver/同2002)

MacBook Pro

MacBook Pro
すべてのMacBook Pro

PowerBook

PowerBookPowerBook
すべてのPowerBook G4(アルミニウム)867MHz以上のPowerBook G4(チタニウム)

iMac

iMaciMac
すべてのインテルiMacすべてのインテルiMac
iMac G5iMac G5iMac G4
iMac G5(iSight)iMac G51GHz以上のiMac G4

MacBook

MacBook
すべてのMacBook

iBook

iBook
933MHz以上のiBook G4

Mac mini

Mac mini
すべてのMac mini

eMac

eMac
1GHz以上のeMac

※対応機種一覧には「Xserve」を含んでいない。また、CPUアップグレードカードを装着したマシンは動作保証外となる。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中