このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

買う前に、読む! 新MacBook はじめてガイドブック ― 第4回

ステップ・バイ・ステップで徹底解説

MacBook対応! Windows Vistaインストール完全ガイド

2008年11月11日 19時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MacにWindowsをインストール
MacにWindowsをインストールしよう!!

 10月14日に発表された、MacBookMacBook Proの新モデル。今回のラインアップでは、特にボディーがProと同等になったMacBookのお買い得度が高まっている。

 Leopard以降のMacでは、Boot Campを使ってWindowsを起動できるようになっているので、Windowsユーザーでも「欲しい!」と思う人は増えているだろう。今回はMacBookを用いて、Windows Vistaをインストールする手順を画像で分かりやすく解説していく。


1.WindowsのインストールDVDを用意

 何はともあれ、WindowsのインストールDVDを買っておこう。Macでインストールできるのは下記の32bit版OSだ。

Windows Vista Ultimate 写真は「Windows Vista Ultimate」

 同時にMacBookのインストールDVDも用意しておくといい。あとでWindows用の各種ドライバーを組み込む際に使うからだ。


2.Boot Campを起動

 Boot Campを起動し、Windows用のパーティション作成。WindowsのインストールDVDをMacBookのDVDドライブに挿入して、インストールを開始する。

Boot Campアシスタントを起動 「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダーにある「Boot Camp アシスタント」を起動
続ける 必要ならインストールと設定ガイドを印刷して、「続ける」をクリック
パーティションを作成 スライダーを左右に動かして、Windowsをインストールするパーティションのボーリューム容量を指定し、「パーティションを作成」ボタンを押す。ここでは50GBに設定した
ボリューム作成完了 パーティション分割が終わると、デスクトップに「BOOTCAMP」というボリュームが現れる
インストール開始
あとはWindowsのインストールDVDをMacにセットして、「インストールを開始」ボタンを押せば、Macが再起動してインストールが始まる

なぜ「32GBを使用」?

 MacにWindowsをインストールする前には、HDDの初期化が必要になる。Windows XPでは「FAT32」か「NTFS」、Windows Vistaでは「NTFS」が使える。Boot Campの画面上に「32GBを使用」ボタンが用意されているのは、FAT32形式で使えるパーティションサイズの上限が32GBだからだ。なお、Windows VistaはFAT32形式パーティションにインストールできないため、この値にこだわる必要はない。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中