このページの本文へ

Tigerの販売を上回る好セールス!

Mac OS X Leopard、発売最初の週末で200万本を突破

2007年10月31日 17時50分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルジャパン(株)は30日、今月26日に発売した「Mac OS X Leopard」の販売件数が全世界で200万本を越えたとを発表した。これは、過去最高の売り上げをあげた「Mac OS X Tiger」をはるかに上回るペースだ。

 販売件数には、アップル直営店、アップル製品取扱店、アップルオンラインストアを通じて販売されたもの、ソフトウェア自動送付サービスで提供されたもの、およびMac本体にバンドルされたものが含まれる。

 Leopardは、Mac OS Xとして6回目のメジャーリリースにあたり、300以上の新機能が搭載されている。例えば、複数のMac間でファイルを素早く閲覧できる共有機能、ソフトを開くことなくファイルの内容を見られるQuick Look、アプリケーションのグループをデスクトップごとに瞬時に切り替えるSpaces、追加したハードディスクに、Mac上の情報を意識することなく自動的にバックアップするTime Machineなどだ。

 価格は1万4800円。同一住居内の5人分のユーザーライセンスを含む「Mac OS X Leopardファミリーパック」が、2万2800円。対応マシンは867MHz以上のPowerPCG4以上、またはインテルCPUを搭載したMac。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中